Home >   TotalPages295 next

2017-11-15 Wed 17:07

JANNIE WILLAMS/ I'VE BEEN TRUE (GOLDEN EAGLE)63

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!00000aaaaaaaaaaaivebeeture11111111111.jpg

リトル・エルヴィスは日に800件の迷惑メールが来るらしい。
嫌ではあるけど腹は立たないそう。
むしろ来なくなったらパクられたのか心配だって。
さすがエルヴィスを名乗るだけの事はある。心が広いね。
俺は日に30件くらいかな。
送ってる業者を殺してやる!!までいかなくても風邪ひけ!!位は思うな~。
アダルトサイトへの誘導や「1億円を受け取って下さい」とか稚拙すぎるのが多い。
業者も正真正銘のバカを釣る為にワザとザツにしてんのかな?
これにヒッかかるバカなら通報も出来ないだろうとか考えてるのかも。
印象に残ってる迷惑メールは「巨乳温泉へのお誘い」だ。
なんでも俺が一人、混浴に浸かってると後で5人の巨乳が入ってきて一緒に浸かるという企画へのお誘いだ。
しかも無料で。
これクリックしたバカは居るのかな?
レコードはI'VE BEEN TRUE(我は真実を解ってる)。



!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!00000000aaaaaacsanv12.jpg
スポンサーサイト

2017-11-10 Fri 00:06

ストーナー・ロック 道路第七章

AIRBOUNE/ DIAMOND CUTS (NETTWERK)17
!!!!!00000aaaaaaairbone1111.jpg
エアボーンBOXにオマケDVDが付いてまして。
ほぼ字幕なしインタヴューなんで見てなかったんだけど今日ヒマだったんで見てみました。
LIVE会場中央あたりに身体障害者席があってリードギターがLIVE中に客席に飛び込みオーディエンスをかき分けソコまで到達!
全身マヒと思われる男の前で炎の様なギター・ソロを弾きまくる!!
男は自由に動かない手をギタリストに差し出す。
その手を取り抱擁するとギタリストはステージに戻り、そのままLIVEは続行された。
かなりイイ話なんだが。。。。
付き添いの家族が感動で泣いたりしてなくて、むしろウルサイという顔してる人がいて残念だった。
スキあらば、もらい泣きしたい、お年頃の俺なのに。




2017-11-09 Thu 11:51

LINK WRAY / GOOD GOOD LOVIN' (RCA)79

!!!!!!!!!!!!!!000000000000000000000000000aaaaaaaaaaaaaaaaaaa12.jpg



リンク・レイのファンという事だけで俺は賞賛に値する事だと思っている。
間接的に自分の事を言ってます。。
ドキュメンタリー映画「RUMBLE」はレイがショウニー・インディアン出身という事に大きく焦点が当てられている様で残念だ。
それを記念して行われたトリュビユートLIVEもポリドール時代に限られた選曲で微妙じゃなくハッキリと、これはアカン!と断言できる催しだった。
インディアン・ファンは居るのかもしれないが聞いた事が無い。
多分、現在のコアなファンはクランプスやミルクシェイクスを通してレイを知りノートンのリイシューを宝物にしてるガレージ・ファンなんじゃないか? 
ポリドール時代(良いのも少しだけ有ります)を抜けロバート・ゴードンと組む前の79年にレイはR&Rにカムバック。
それ自体、注目度は低いかもだけど79年のLIVEが今年、発掘されました。
LIVE。。。MY FATHER'S PLACE 1979は音も良くオススメだ。
アイ・フォート・ザ・ロウのアレンジがクラッシュのと少し似てる。
アマゾン・レヴューで星一つのSUCKと一言だけのTHE RUMBLE MAN(CD+DVD)は以前チェリー・レッドから出てた96年のUK-LIVEを撮ったヤツと同内容。
VHSにダビング並みの画像だけど500円くらいなんでSUCKとはご挨拶だ。
チェリー・レッドのはレイが長髪を後ろで結んでる若く見えないしカッコ悪いしって髪型のジャケなんで、このリィシューはVERY GOOD-くらいかと。
以上が今年のリンク・レイのリイシュー状況です。

なかなか云う機会が無かったのでオマケに言っておくと、ちょい前にBLUES EXPLOSIONがビィースティーとジャック・ザ・リッパーを繋げてカバーしてんのは巣晴らしいと思います。




2017-11-06 Mon 16:42

58th STRUTTIN'

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!00000aaastra_20171106164026600.jpg

Sapporo city exclusive rockabilly club
58th STRUTTIN'
21:00 TILL 3:00
SATURDAY 25/11 SEP
at Pigsty
HONDORI 3, SHIROISHI-KU,
SAPPORO , JAPAN

前売り予約はメールフォームからドーゾ!! お待ちしております!!

2017-11-05 Sun 13:21

OFFICIAL THEEE BAT CLUB

!!!!!0000aaabat0.jpg
!!!!!0000aaabat1.jpg

THEEE BATの1STにしてラスト・アルバム!つまり序章にして最終章。
「OFFICIAL THEEE BAT CLUB」が届いた。
この日を待ってバットの告知ポスターをフレームに入れようと思い買っていたがサイズを間違ったみたい。
出鼻を挫かれた。
もうマヌケな自分を待ってられないから直貼りしたよ。
この作品は発起人のケイジ・ロンソンに人間味が無ければ世に出なかったはず。
とある日の深夜、東京でミカが小声で「ねぇねぇねぇ。ちょっとカズ来て。面白いから。」と呼ばれ行ってみるとバー・カウンターで酔いつぶれてるロンソンが居た。
ロンソンが半分、眠りながらクダをまいておりソレを聞けと言うのだ。
二人で耳を傾けると「東京は税金が高くて、やってらんねぇ」「全てに税金がかかるのは何故だ?」とズーッと税金について嘆いていた。
二人で随分、税金に苦しめられているんだなと思ったものです。
その後、叩き起こし税金について朝まで語り明かした。
このアルバムを出すにあたってロンソンから連絡を貰った際も「覚えてますか?税金の・・・」だった。
「ヤング・パリジャンの」ので分かるよ。
今では、そんな些細な事も美しく感じられる。

ミカが亡くなってPCに「カズ」というフォルダが発見され開いてみると俺のTHEEE BATを賞賛した文が保存されてたとの事。
嬉しいと感じて保存しくれてたなら俺も嬉しい。
そうゆう重苦しい話は置いておいて隅々まで最高な作品なんで1人、1枚でいいから買って聴いて欲しい。



10 «
2017.11
» 12


123456789101112131415161718192021222324252627282930