FC2ブログ
Home > 音楽(category)  TotalPages244 next

2018-09-04 Tue 11:11

CARA ROSS/ TORMNTED (MARK 56)62

DSC_1376.jpg




あるツテより俺を取材したいと連絡がありました。
地方新聞で、なんでも無趣味でやる事が無いという中高年が増えているという。
そんなんで趣味に生きるアクティブな40代50代にフォーカスしたコラムを企画しているらしい。
電話で話したんだけど「輝いてる」という結論に落とし込む気でしょ?と問うと答えはYES。
俺について云えば、いいトシこいてDJとかいって遊んでる人間、イタいだけじゃ?輝きは無いと答えると空気が悪くなり会話は終わりました。
レコードはカラ・ロスというシンガーの「イタイ」という曲です。

スポンサーサイト

2018-08-28 Tue 16:10

BIG BO & THE ARROWS/ WELL,GET IT (GAY SHELL)63

DSC_1375.jpg

日曜に電子レンジが爆発したりキャップを洗濯機で洗ったら型崩れしたけど元気です。
どう慰められようとソレは気休めというモンだ。
同い年の親友、二人からの誕生メッセージが年齢を感じさせるモノだった。
お互いに、もう一花、咲かせよう!
生まれて此の方、何かが実った事など有りません。
R&R好きのカッコいいオッさんでいてくれよ!
生まれて此の方、ソリマチみたいなランニングで外に出た事など有りません。
この夏は超暑いか雨で全く出かけず他人に感謝も優しさも示せず。
男の50代って、こんなものなのかも?と思いつつ「オレンジ・イズ・ニューブラック」をZUTTO見ておりました。
でも涼しくなってきたら気力が戻ってキタ。
俺は、もう灯油代がかかったとしても寒い方がイイよ。
レコードは「よしきた!!」というタイトルのインストで。




2018-08-20 Mon 22:04

THE SANCHERS/ JOHNNY B. GOODE (ESSAR)64

DSC_1374.jpg



カズマン人間50周年を迎えました。
この年齢に到達したものの何の感想も思い浮かなかった。
良いも悪いも無く全くのゼロなんで言い換えれば無の境地に到達したのかかも。
フリもオチも無い状態です。
これを言わなければ次に進めない気がしてポストします。
お誕生メッセージありがとね!
50ともなると色んな事に飽きるけど。
例えば年の差カップルに年上の方に「犯罪!」と言うのとか、はみだしFBI捜査官とか小泉進次郎とか。
言い出したらキリがないほど飽きるけど。
レコードは何回、聴いても飽きないジョニーBグッドで。

2018-08-02 Thu 16:26

BERNADETTE CARROL/ LAUGHING ON THE OUTSIDE (CLEOPATRA) (Numero Group Re18)

DSC_1366.jpg

ワイルド・ロックンロール・ディスク・ガイドの取材の時のハナシ。
ジミーさんがビリー&ミリアムにクレオパトラ・レーベルが気になると話をフルと調査済の様だった。
クレオパトラはプレス機を持ってたんでフライヤー刷るみたいにレコード作る。
でも仕事が雑で、あまり品質は良くないんだとか。
もっと真相を聞きたかったがクレオパトラの話はソコで終わってしまって謎は謎のままであった。
ちょっと自分で調べたけれどレーベル面のクレオパトラがレーベル主の嫁ちゃん、らしいという事しか分からなかった。
ソレ想定内だしな。
英国ドラマ「The End of the F***ing World」の主題歌がブレンデッド・キャロルの、この曲。
Numero Groupからリプロが出て何故かクレオパトラでウオッと思ったがアナログ2枚組コンピもドロップされる。
ジャケはスタジオらしき場所で男が二人、写っていて一人は何とか寝る態勢の画だ。
イッキに謎が解けてしまう。
この夏、このコンピを買うのが一番の楽しみだ。
貯めてたアマゾン・ポイントを使おう。対面じゃないから使うのが恥ずかしくない。
豊平川の花火大会の夜に、この曲を見つけた。
ドーン!ドーン!という音がジャマだと思いつつヘッドフォンでZUTTOこの曲を聴いてた。
事実をツラツラ書いてみたが、なんと自分は幸の薄い男だのろうか。
「The End of the F***ing World」は基準によるが精神異常のテーィンネイジャーが主人公。
殺人願望の自覚があり8歳から(殺人の)練習と趣味を兼ね動物を殺している。
同じ孤独を感じ取り家庭に問題が有る同級生の女の子が心を寄せてくる。
主人公は初殺人は、この娘だと心に決めるが。。。という話。
批判も多い作品らしいので是非、観てみたい。




2018-07-28 Sat 09:49

MUDDY WATERS/ ELECTRIC MUD & AFTER THE RAIN (68・69)BGORe2011

DSC_1360.jpg

暑苦しい。
暑苦しい音楽の最高峰といえばマディ68年/69年のサイケ・ブルースと称された2年間だ。
エレクトリック・マッドとアフター・ザ・レインが2IN1CDで出てるから暑苦しい。
俺、個人的にはワザとハズしたり崩して歌われるのを聴くのは好みじゃない。
ジュリーの「時の過ゆくくままに」とか崩しすぎてて近年は何か分からなくなってる様だ。
矢野顕子も聴いてて「え?」「え?」と思い普通に戻ると「戻って良かった」と思う。
エレクトリック・マッドにはストーンズの「夜をぶっとばせ!」のカヴァーが収録されており崩しに崩してある。
想像しただけで暑苦しくないですか?
昔、アナログを買った時、A1じゃなくまず「夜をぶっとばせ!」に針を落とした。
当然というか期待値が1番、高かったのはソコだったからだ。
その期待は裏切られ暑苦しかった。
でもTシャツも買ったし、ここ一週間は毎日、聴いてます。






08 «
2018.09
» 10


123456789101112131415161718192021222324252627282930