Home > 2011年04月  TotalPages3 next

2011-04-30 Sat 00:30

PAT LINDY $ IT'S RAININ' OUTSIDE/HAL'S BELLES (LEOPARD)

pat lundy leopard

MODS MAYDAY SAPPORO 2011も、ついに日曜日。ウィリアム王子の結婚と合わせてモッズを祝うロイヤル・パーティだ。年に一度のお祭りなんで気楽に楽しもう。
アーミー・パーカーは青島コート、縦ストライプのジャケットは漫才師が着てるし3ツ釦も青山で売っている。
スリムじゃないヤツがモッズをやるとMR.BOOみたくなるけどI DON'T MIND-気にするなよ。
モッズの格好を持ち合わせてないけれど行ってもいいですか?と質問を受けた。
もちろん、WELCOMEだ。
俺も昔のモッズ・スーツは入らない。何故かズボンがスキニー・パンツでローライズになっちまってる。
エスパー伊東かよ!?
そうなると俺が準備出来る事はSOULって事になろう。萌える魂を用意しときます。
マーサ&ザ・ヴァンデラスの流れでマーサ&ザ・ヴァンデラス型のお気に入りの1枚を紹介しよう。
1963年リリースのPAT LINDY のIT'S RAININ' OUTSIDEはモロ、ヴァンデラスだ。
PAT LINDYは70年代に入ってからの活動が有名な女性シンガーみたい。
いかんせん70Sの黒人音楽には今のところ興味が湧かないので何も知らない。
作曲者クレジットを見て解かるとおり、若き日のAL KOOPERが製作したナンバーで同名異人ではなく本人だそうだ。
IT'S RAININ' OUTSIDE 。。。。。
日曜日の降水確率は80%でスクーター・乱は中止となりました。






今日は札幌の名所「坂会館」に行ってきた。「サ」を「バ」に変えた方がシックリくるパワーが有る。
俺のお気に入りのパワー・スポットなのだ。

18673169_1102952666_53large.jpg

18673169_1102952557_23large.jpg


スポンサーサイト

2011-04-29 Fri 00:09

MARTHA & THE VANDELLAS $ DANCING IN THE STREET/THERE HE IT (GORDY)

Martha20and20the20vandellas.jpg

martha-n-vandellas_l.jpg

MODS MAYDAY SAPPORO 2011も秒読み段階まで迫ってきた。
あと345699秒ほど数えたら始まりますヨ。
さて「MOD TOP 100シングルス」が掲載されていた洋書を今朝、探してみたのですが紛失したみたいです。
そのリストにはMOTOWNも多く含まれていたはず。MOTOWNとは牛の街という意味ではない。
所在地のデトロイトが自動車産業が盛んなので車(MORTOR)のTOWNという意味なのだ。
そんな事は打ち込む俺も、コレを読んでおられる方も読んでて虚しくなるほどファンにとっては常識だろう。
映画「永遠のモータウン」(2002年)は観ましたか?
泣けるから観てみろと言われ映画館に観に行きましたが好きな人には悪いが個人的には全く良くなかった。
唯一、良かったのはエンド・ロールだ。
マーサ&ザ・ヴァンデラスの「DANCING IN THE STREET」(1964年リリース)を映画館の音響で聴きながら見るキャスト・クレジットは最高で胸が張り裂けた。
MOTOWNのヒストリーの数々の楽曲の中で「象徴」として選択されたのはコレか!!と感激してしまった。
シュープリームスも大好きで「紅組ガンバレ!白組マケルナ!」なんだけどマーサ&ザ・ヴァンデラスが勝つのは嬉しい。
二番じゃダメだったみたいで両グループのMOTOWNでのNO1争いは激しかった。
ご存じの通り世界的な成功を収めたのはシュープリームスだ。ビートルズから首位の座をいつも奪ってた。
どう考えても相手が強すぎる。
映画「ドリーム・ガールズ」ではマーサ&ザ・ヴァンデラスのエピソードをシュープリームス(に見えるガール・グループ)に流用していたのは、あんまりだと思った。
(事務員としてMOTOWNに就職しレコーディングをマリー・ウェルズがボサった時に歌うチャンスを掴んだのはマーサだ。)
余談ですがダイアナ・ロスは異常にプライドが高く態度がデカく他人の足を引っ張る様な行動をする人らしい。
しかし彼女の名誉の為に言っておくのだがソレは出世して天狗になったからではない。
売れてない頃から終始一貫として異常にプライドが高く態度がデカく他人の足を引っ張ってたそうだ。
(注:俺はシュープリームスのファンです。)
「 DANCING IN THE STREET」に話しを戻すと発売当初は暴動を煽る様なムードという事で公民運動が激化していたご時世だったので放送禁止になってしまった。
元々はバラードだった位で暴力的な事は一切、歌っていないので大きな誤解なのだが。
ファンファーレの様なサキソフォーンでキック・オフし激しいダンス・ビートの中、気迫とパンチのあるマーサの歌声とヴァンデラスの♪SWEET SWEET SWEET MUSIC♪のコーラスの掛け合い。
音の欠片、一音たりとも無駄なくハートに響く。
確かに、それが暴力という手段であっても明るい未来が開けてきそうだと錯覚してしまう様な力強いナンバーだ。
これほど魂(SOUL)を震わせるナンバーは他に思い当たらない。
MOTOWNの「象徴」ならば世界一のナンバーって考え方も出来るのではないか。
ローリング・ストーンズは「 DANCING IN THE STREET」に感化され誤解だって釈明しているのに、モロ暴動の曲「Street Fighting Man 」(1968年)を作った。
そういや「永遠のモータウン」を観ろと薦めてくれた人に、ドコが良かったか尋ねたら「エンド・ロール。」という答えが返ってきたよ。



MARTHA-VANDELLAS66.jpg



MODS MAYDAY SAPPORO 2011
2011年5月1日(SUN)
@SUSUKINO810
北海道札幌市中央区南8条西4丁目422番地51 8.4サウンドビルB1
011-563-8575

●GUEST LIVE●
THE PRIVATES(東京)
20110421170452c47.jpg

●LIVE●
the Drownerz/S.S.Rockets/THE BULLDOG'S/キル・ケニー(帯広)

●DJ●
Shiro Yamada(POISONIVY)/KAZZY WHELLMAN(HIDDEN CHARMS)/シュウ嵯峨野(Beatle Boots Stomp!")/ISHIDA (Gimme Some Lovin’!!)/CAT MOM SALLY(HIDDEN CHARMS)/HideVicious(SKAVILLE SAPPORO)/カッツ(札幌ADDICTION)


ADV/¥2,500 DOOR/\3,000 OPEN/START 7PM

主催/POISONIVY  協力/HIDDEN CHARMS  特別協賛/merc LONDON
INFO POISONIVY 0123-26-8008

★前売りチケット店頭にて発売中!

★前売りチケットはメールでも受け付けております!

※MODS MAYDAY スクーターラン 予定しております。事情により中止する場合も御座います(駐車スペース諸々)


2011-04-28 Thu 00:01

THE DIAL TONES $ CHICAGO BIRD/SO YOUNG (LAWN)



110427_224539.jpg

MODSMAYDAY SAPPORO 2011も早いもので日曜日に迫ってきた。
そうは言っても前回のLINK WRAYからの流れは止められない。
BOBBY COMSTOCKなんかでお馴染みのLAWNから1964年にTHE DIAL TONES の変名でリリースされたシングルだ。
無理強いは出来ないが買った方がイイと思う。
LINK WRAYはダーティで不良な「インストロ・ギタリスト」であるがナナメから彼を見てみると音楽に対して実験的なチャレンジも果敢にしてきたお方だ。
悪く言えば「遊び」だが真剣にやり過ぎると何かと長続きしないのは歴史が証明しております。
そもそもボケがないと、この世は暗闇だ。
ダンス・クレイズ物や中にはTHE SPIDERS名義で冗談(ボケ)みたいなBEATLESのパクりナンバー「BABY DOLL」(LAWN1964年)なんかも有る。
当初はLINK WRAYをBEATLESの方がパクったと思いジミー先生に訊いたら「そんな事は無い。」という返答だった。
そりゃそうだよね。
東京でジミー先生の車に乗せて頂いく機会が有ったがにカーステから「BABY DOLL」が流れてきたのは良い思い出です。
さて、このシングルは 「CHICAGO BIRD」はブラック・ロックンローラーになり切った激しいロックンロール。
なんかBUNKER HILLと似てる。。。と思ったら当人達だった。最高だ。
B面の「SO YOUNG 」も大好きだ。多分だがFOUR SEASONS(前身のFOUR LOVERSに近いけども)の雰囲気を、そのままドーーンとパクッたホワイト・ヴォーカル・グループ・ナンバーに仕上げている。
LINK WRAYが言い放ったシビれる一言を書きしるしておこう。

有名になるなんてクソくらえだ。 By LINK WRAY



default_hist_men_mag_02_19_0707021123_id_62225.jpg



misspent_youth.jpg


2011-04-27 Wed 00:06

Marvin Rainwater $ Tough Top Cat /(Thera7s A )Honky Tonk In Your Heart(WARWICK)

ntb86rr-img586x600-1299000440jjgjqm14734.jpg

link-wray.jpg

MODSMAYDAY SAPPORO 2011も迫ってはいるものの欲しかったネコードを入手したのでソレについて書こうと思う。
Marvin Rainwaterはネイテヴ・アメリカンの血をひくロカビリー/カントリー・シンガーだがLink Wrayとソッチの縁で4枚のシングルを一緒に製作している。
Marvin Rainwaterは四角い顔をしており冗談も言わない真面目な人柄でガレージ的要素は希薄だ。
だから5枚組アンソロジーを聴けって言われたら、絶対無理。
彼のインディアンの格好はフザけたコスプレではなく本物なのだ。ふざけちゃいないぜ。
愛猫家でLink Wrayのハード・コアなファンの俺としては1962年リリースの「Tough Top Cat 」は、おさえておきたかった。
(前年、1961年リリースの「BOO HOO」はグレマンがカバーしてた様な気がする!?)
(同じくLink Wrayプロデュース。デスパレイト・ロックンロールの駄作ヴォリーュムにカバーが収録されてたはず!?)
Link Wrayを完璧におさえるなら1993年のUKツアー・パンフ「SOUVENIR 」が超便利だ。
全てのシングル・リリースのデーターが掲載されている。モテ度0のオタクを目指すなら必携だ。
俺自身はマニアックな事じゃなくPOPな事をやろうと努力してるんだが。。。
「SHOUT SHOUTがかからないからTEENAGE BABYLONには行かない」と言われたのは傷ついたな。
今に始まった事じゃないが3枚持ってるくらい好きなのに。
さて、Tough Top CatですがLink Wrayの手癖が強いガーンガーンというギターがウッとくる。
お願いしたら、ギリギリBOPERでイカせてもらえそうなカッチョコいいナンバーだ。



humo.jpg



2009082212430001.jpg
左がウチのTough Top Cat 「CHESS(チェッさん)」ペット・ショップで、こんな顔して居ました。

20110415_4426858_20110427000344.gif

20110415_4426859_20110427000456.gif
こちらも迫る!!

2011-04-26 Tue 00:23

JIMMY REED $ SHAME, SHAME, SHAME/THERE'LL BE A DAY(VEE -JAY )

image002_20110425223248.jpg

レーベル画像はUK-$TATESIDE盤な上に俺の所有盤はド再発のTRIPというワケがわからん盤ではあるがVEE -JAYつながりという事で今夜は一番の看板スターだったJIMMY REEDでいこう。
MODSMAYDAY SAPPORO 2011も間近だし。
MODSという観点ではオリジナル・モッズが消滅する1964年までに一番、ヒットを飛ばした人なので身近という意味で「リアル」なブルース・マンだったのではないだろうか。
モッズはヒット曲が嫌いだったらしいが。
VEE -JAYが発足した1953年から穏やかじゃない倒産で終了した1965年までJIMMY REEDは一貫してVEE-JAYに留まった。
シングルは40枚ほど、アルバムでは10枚もリリースしている。
SHAME, SHAME, SHAMEは1963年のリリースでVEE-JAYでのラスト・シングルだ。
倒産したからだけど。
相棒のEDDIE TAYLORと♪ジャッジャッジャッジャッジャッジャッジャッジャッ♪とやり!!
唇を濡らしてダラダラと歌い!!ピヨ~ッとハープを吹く!!
このレイジーと言うよりもダラしなくワン・パターンな型。これがJIMMY REED調といわれるスタイルだ。
都会的なモノを好みウオシュレットじゃなきゃウンコが出来ない俺はダウン・ホームな感じは苦手。
しかしJIMMYのダウン・ホーム感はチョっととユルめのロックンロールくらいの加減でイイ感じ。
JIMMY REEDはハード・ドランカーで全ての録音では酒が入ってた様だ。
このサウンドの隠し味はウィ~~スキーか。
なかなか、そうゆう機会には恵まれないだろうが60年代にタイム・スリップしてジューク・ボックスを見つけたらマリリン・ダンスにも相性バッチリなJIMMY REEDを選択したい。
映画「さらば青春の光」でTOMMY TUCKERのHI-HELL SNEAKERSのカバーが演奏されるシーンが有るがJIMMY REED調にアレンジされてた様な気がする。。。。
思い出せないから確認するにはVIDEOを観なきゃならないのだが一度、DVDに慣れたらメンドくさいな。
去年、ウォークマンを買おうとして妻に怒られた俺だけど。

VEE-JAY倒産後のBULESWAYリリースのアルバム「NEW JIMMY REED ALUBUM」は一つもNEWなトコは皆無だがJIMMYのアル中も更に進行し凄みがあり素晴らしい。
次の「SOULIN'」もSOULでは無い。とにかく、ドコに針を落としても、ひたすらJIMMY REEDだ。

arts-graphics-2008_1128472a.jpg



default_hist_men_mag_02_16_0707021123_id_62195.jpg

2011-04-24 Sun 00:54

JOHN LEE HOCKER $ BOOM BOOM/FRISCO BLUES(VEE-JAY)

Scan1_20110423234355.jpg

MODSMAYDAY SAPPORO 2011も間近という事で、今回もそんな感じでいこう。
JOHN LEE HOCKER の「BOOM BOOM」は1961年「VEE-JAY」からのリリース。
英国では$TATE$IDEより1963年にリリースされたモッズの真髄と言えるロッキン・ブルースだ。
JOHN LEE は1964年に渡英しておりBBCのBEAT ROOMという番組に出演している。
共演者にはKINKS、TOM JONESなんかが居て最高のカメラワークの映像もバッチリ残っている。
60年代の一般的なクラウドとは明らかにドコかが違うオリジナル・モッズを拝見できるのはTHE HIGH NUNBERSの「RAILWAY HOTEL LIVE (1964)」が1番だがBEAT ROOMもJOHN LEEが来てるからかモッズがウヨウヨ写っている。
この映像の悪魔憑ったJOHN LEEは鳥肌モンだ。
家が動く様な凄まじいグル-ヴの中でブレイク部分で手を抜いてるぜと空(くう)を見る素振りを見せるトコがシビれる。
バック・バンドは英国人だが強烈なJOHN LEEという台風の目が竜巻を起こしている。
これが正真正銘のブールス・トルネードだ!!

JOHN LEEの正式のデビューは1948年のBOOGIE CHILLEN'(MODERN)。
出生地、時代背景、生活環境、音楽的ルーツを熟考してもJOHN LEEの音楽を形成した要素を探しても「証拠」が見つからない。
突然、この世に現れたのか?
俺はJOHN LEE の正確な誕生日の記録が無い事に気がついた。
JOHN LEEはやはり、
この世にブルースを齎した悪魔だ。




pr_johnleehooker.jpg


The High Numbers at the Railway Hotel, 1964 も一緒にどうぞ。

TEENAGE WORLD!!!!!!

2011-04-22 Fri 19:53

JUKEBOX JAM 一言斬り PART3



jazzman02.jpg

MODS MAYDAY SAPPORO 2011が間近という事は翌日のJAZZMAN GERALDも24時間違いで迫ってきてるという事か。
詳細はリンクからドウゾ→
JUKE BOX JAMの1番「BABY PLESE DON'T GO」はe-BAYで$900の値をつけたらしいぞ。
魂、売るワケじゃないし俺のを85000円で売りますので。
欲しい方はよろしくお願いします。(土下座)

54V110310001.jpg
*1 Dolly Lyons / Palm Of Your Hand
 2 The Page Boys / Barricuda
POPCORN言い出しました!!流れがキマした!!(俺にじゃないけど)
いかんせんPOPCORNはシングルが高価なので有り難い。
これも$900になる前にゲットだ!!



JRN80411.jpg
*JOE LUTCHER & HIS ORCHESTRA/ OJAI
ヴィンテージ・エキゾ!!ジョーさんからイケると連絡があり俺は黙って頷いた。
インストなんで言葉はいらない。



ettajames-toughlover.jpg
*ETTA JAMES / NOBODY LOVES YOU LIKE ME / TOUGH LOVER (alt.)
コレはちょっと一言で斬れないのだがPOPCORNと爆裂R&Rの唸りが2回有るタフ・ラヴァーのALTのカップリング。
素晴らしい。あくまでも言葉のアヤだが死んでもいいと思った。



chris-powell-i-come-from-jamaica-2.jpg
CHRIS POWELL/ I COME FROM JAMAICA/Country Girl Blues
ジャマイカ出身のシンガーのナンバーなので考えてみたら、そのまんまだ。
俺は本来なら地下に居るよりオシャレに昼間のカフェに居るのが当たり前の人間だと思っている。
この曲、昼間のカフェに合わない?


l_b49af0b82aec4d3589117e4a0885e048.jpg



rolltumblewebsize.jpg

2011-04-22 Fri 00:35

The Spencer Davis Group $ Gimme Some Lovin' / Blues In F" (Fontana)

the-spencer-davis-group-gimme-some-loving-1966.jpg

MODSMAYDAY SAPPORO 2011も間近という事で、そんな感じでいこう。
チケット予約もポツポツ入ってきました。ありがとうございます!!
モッズにとってファッションは命よりも大切だが、それ以上に大切なのは音楽だよね。
(音楽を魂と言い換えても良い。)
英国人が創造したNO1モッズ・アンセムだと俺が総合的に考えてるのは1966年リリースのThe Spencer Davis Group 「Gimme Some Lovin' 」かなと!!!
The Spencer Davis Groupはモッズ・グループではナイけれどもだ。
MOTOWN社ではラジオから流れてきたGimme Some Lovin'に事務所の中は騒然としたという。
「誰が作ったんだ??」「どこのグループなんだ??」「ひでぶ!!やられた!!」
このナンバーには英国人が、よその国であるアメリカの音楽への憧れが全てぶち込まれていた。
MOTOWN、メンフィス・サウンド、ソウル、ゴスペル、R&Bソレに愛を求める魂が加えられていた。
少年聖歌隊で歌うスティーブ・ウィンウッドを見て教師だったスペンサー・ディビスが16歳になるのを待ってバンドに誘い入れたというエピソードが有る。
よってGimme Some Lovin'リリース時スティーブンの年齢は18歳でした。
そんなんでホモっぽいとかスペンサー・ディビスの悪口言ったり神童ステーィブと実力の差を、とやかく書かれているのには違和感を覚える。
何故なら俺はSpencer Davis Group 脱退後のスティーブのレコードを聴いても泣きたくも踊り出したくもならなかったからだ。



frontcoverma.jpg

ちょっと夢を壊す様ですがリフはHomer Banks「A Lot Of Love」(1966年)のパクリだったりします。


4031037_1009911436_53large_20110422003227.jpg

MODS MAYDAY SAPPORO 2011
2011年5月1日(SUN)
@SUSUKINO810
北海道札幌市中央区南8条西4丁目422番地51 8.4サウンドビルB1
011-563-8575

●GUEST LIVE●
THE PRIVATES(東京)
●LIVE●
the Drownerz/S.S.Rockets/THE BULLDOG'S/キル・ケニー(帯広)

●DJ●
Shiro Yamada(POISONIVY)/KAZZY WHELLMAN(HIDDEN CHARMS)/シュウ嵯峨野(Beatle Boots Stomp!")/ISHIDA (Gimme Some Lovin’!!)/CAT MOM SALLY(HIDDEN CHARMS)/HideVicious(SKAVILLE SAPPORO)/カッツ(札幌ADDICTION)

ADV/¥2,500 DOOR/\3,000 OPEN/START 7PM

主催/POISONIVY  協力/HIDDEN CHARMS  特別協賛/merc LONDON
INFO POISONIVY 0123-26-8008

★前売りチケット店頭にて発売中!

★前売りチケットはメールでも受け付けております!

2011-04-20 Wed 21:28

VA / MR.HOTSHOT R&B REVIEW VOL3+VOL4(KING NOVELTY CO.)

30836146.jpg

30836123.jpg

1. Baby Dee - Sittin' Here Wond'rin'
2. Ike Perry And The Lyrics - At The Party
3. Teddy & George - Justine
4. Little Johnny Clark - Black Coffee
5. Don And Bob - Good Morning Little Schoolgirl
6. Little Alfred - The Mashed Potatoes Back Again
7. Walter Williams - The Cat
8. Melvin Davis - This Ain't The Way
9. Lester Young - Marybell
10. McKinley Mitchell - You're Not Gonna Break My Heart
11. Cara Ross - Tormented
12. Campbell King - Good News Baby
13. Willie West - A Man Like Me
14. Inus Moore - If It Ain't One Thing It's Another
15. Big Martha - You Don't Love Me Like You Used To
16. The Seven Blends - Wait A Minute
17. Lloyd Nolen - Fun Fun
18. Big Charles Smith - Kim L
19. The Hi-Lites - Woke Up This Morning
20. Willie Morganfield - You Better Get Right

狂暴なR&Bを集めた MR.HOTSHOT R&B REVIEW の新作がリリースされました。
10インチ二枚なのだがCDは2In1でお得だ。
しかし、そうゆう問題ではナイのでアナログでゲットだ!!
素晴らしい内容に編集人に手紙を書きたくなったが記載の住所はデタラメでした。
VOL1にはコレクターがココまで行ったら完りといえる「RITE」プレスの脳天逆さ落としのR&R「MARYHANKINS/ANTS IN MY PANTS」が収録されてた。
コレにはチビッたのだが無理もない事なのだ。
RITEについてはオタクな話なので割愛しますが入手はかなり難しい。

コレを見つけたら黙って俺に連絡下さい。相談しよう。
continental promotions

image002.jpg
MARY HANKINS

VOL3&VOL4も炎のR&B地獄。火を噴く様なR&Bの連発攻撃にはヤヴァイの一言だ。



heating_up_the_holidays_07.jpg



wild_flower.jpg



negligee-473x612-custom.jpg



1303039824.gif

ヤヴァイの一言だ。


2011-04-19 Tue 23:31

THE SHIRELLES $ SHA-LA-LA/HIS LIPS GET IN THE WAY(SCEPTER)

401515.jpg

4855410598_28d397f1ff.jpg

MODS MAYDAY SAPPORO 2011も間近という事で、そんな感じでいこう。
「ザ・シレルズ」は1950年半ばにニュージアジー州のバイセク高校の歌が好きなクラス・メイト4人で結成された。
女の子がお揃いの衣装で恋や(逆の失恋や)流行のダンスについて振り付けで歌う姿。
それ以上に可愛らしいものが、この世にあるだろうか?
ハラペコ猫、ひっくり返った赤ちゃんパンダ、、、情けない表情の狆!!それ位しか思い浮かばない。
シレルズは歌の発表会を観に来ていたクラスメイトの母親に見初められたんだが、その主婦は後にSCEPTERの社長となるスーパー主婦だった。
(顔を見たけどやり手ババアって感じで恐そうでした。)
グループ名はリード・シンガーのシェリーを捩ったものだが仲良しだったので問題は無かったようだ。
1967年にドリスが脱退したがメンバー・チェンジも新メンバーを加える事なく30年も活動を続けた。
ガール・グループのうちの一つと括れない素晴らしい魅力と実力が有るグループだ。
そして重要な点なのだが素敵だ。
ロックンロール・リヴァイヴァルをとらえた映画「LET THE GOOD TIMES ROLL」(1973年)にライヴ・シーンが有りますがマジアチイ、マジヤベエ、感激な内容で必見です。もし観てなかったら人生半分、ソンしてるよ。
「ソルジャー・ボーイ」の途中でコメディアンが割ってMCするのがジャマだが相当、泣けます。
後に共演したのがキッカケで後にBO DIDDLEYのアルバムに参加したりしてます。
シレルズだけじゃなく他も見どころ満載で全てが愛おしい映画です。

The-Shirelles.jpg

シレルズの沢山のナンバーから1曲モッ度が高いナンバーを紹介するとなると英国グループ「マン・フレッドマン」がカヴァーした1963年リリースのSHA-LA-LA。
聴いてたら楽しい気分になる。それだけでいいじゃないか。
CHESSブルースだけじゃなくガール・グループにも足は向けて眠れないのはロックマンとしての流儀。

♪SHA-LA-LALA-LA SHA-LA-LALA-LA♪と歌いながら楽しくゴールデン・ウィークの幕開けはMODS MAYDAY SAPPORO 2011で楽しみましょう。






”明日も愛して”泣けなきゃどうかしてる。

4031037_1009911436_53large_20110420005657.jpg

03 «
2011.04
» 05


123456789101112131415161718192021222324252627282930