FC2ブログ
Home > 2011年08月31日  TotalPages1

2011-08-31 Wed 22:58

The Falcons $ Take This Love I've Got / Let's Kiss And Make Up( Atlantic)

0004.jpg

The Excitementsの Let's Kiss And Make UpのLIVE映像、最高にシビれませんか?
やはり人間がヤッてるR&Bは最高だ。
ドラムを機械がたたいてる(?)音楽なんて俺的には論外。
だって俺は人間がたたいてるドラムを聴きたいんだからさ。

「Let's Kiss And Make Up」はThe Falconsの1963年のナンバー。
The FalconsはWILSON PICKETT,EDDIE FLOYD、The Contoursに在籍したJOE STUBBSらを輩出したデトロイトのヴォーカル・グループとして知られております。
輩出したという事は脱退したワケでグループは1970年には原型は全く留めていない。
このシングル・リリース時のライン・ナップは以下の通り。

Wilson Pickett
Gene "Earl" Martin
Lance Finnie
Ben Knight
Bonny "Mack" Rice ←あ、この人も居たか.

とはいえ、The Falconsの最大の魅力はバック・バンドのギタリストRobert Ward率いるOhio Untouchablesのキラーな演奏力だったりするので後の大物が居たという事は気にした事はないかな。
The Falconsを聴くならば安いRelicレーベルの二枚が便利です。
持ってないなら明日、「買い」です。明日がダメなら明後日に。
俺の所有盤は盤が良くなくってTEENAGE BABYLON MIX-CD作る時に提出出来ずにいたのですが、松ちゃんが提出してきたのでドレかに収録されております。

001_20110831222904.jpg

002_20110831222920.jpg




このギターの音色に抱かれたいと思うのは俺だけか?



5952273109.jpg
Koko-Jean Davisサイコー!!





110831_192428.jpg
スポンサーサイト



2011-08-31 Wed 17:32

The Excitements$ EXCITEMENTS (PENNIMAN RECORDS)

1theexcitements.jpg



1. Take The Bitter With The Sweet
2. I Don't Love You No More
3. I Do The Jerk
4. Never Gonna Let You Go
5. Wait A Minute
6. Let's Kiss And Make Up
7. Fat Back
8. Won't You Let Me Know
9. From Now On
10. I Want To Be Loved
11. If It Wasn't For Pride
12. Love Is Here To Stay

ほぼカバーですが選曲がド・ストライクです!!

去年の7月にスペインで結成され僅か1年でR&Bの女王の座をシャロン・ジョーンズから奪ったと言われております。
デビュー・アルバムがリリースされました。(待ってました。)
プロデュースはラウンチ・ハンズのマイク・マリコンダ!!
ヴォーカリストの「ココ・ジェーン・ディヴィス」まじヤヴァい。
まるでYOUNG TINA TURNERだ。
短文ですがHOT NEWSなので、いち早くお伝えした方が良いと思いましてBLOGに書いた次第です。







22222222222222222222.jpg
Koko-Jean Davis

いやらしい男の視線はシャウトでブッ飛ばすわ!!

07 «
2011.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031