Home > 2012年02月  TotalPages4 next

2012-02-29 Wed 17:19

BANG BANG ROCK'N' ROLL Vol.11

!0bangR6R.jpg

BANG BANG ROCK'N' ROLL Vol.11
2012.4.29 (SUN)
at KLUB COUNTER ACTION

8:00PM TILL 3:00AM
before \2000
after \2500
※入場時1ドリンク代別途\500

==SPECIAL GUEST STAR==
★six
*wild & pop 1960s Girls band from Tokyo*

==LIVE SHOW==
★DAISY
★HOUSE ROCKERS
★恵庭のシェリー & CULT HEROES
★紫イアン
★LADY LUCK
★M.S.D
★Fall to Heck

==Guest Dee Jays==
KAZZMAN (Hidden Charms)
ISHIDA (Gimme Some Lovin')
NAN CHAN (The Dons)

==SPINNERS==
YOSHIDA (Cream Soda)
MARIKO
Little Tim
LIL'RUI
EDDY
ROSIE

*MC*
T.Kozzie+MARIKO

マエバリ券のご予約承ります!!
スポンサーサイト

2012-02-29 Wed 15:49

THE CURIOS $ CHICKEN BACK PART1/PART2 (CURIO)




!0cuios.jpg

BEAT GIRL-JENNY  RECORDS



DJプレイの時にA面とB面を間違える事は許されない。有ってはならない事だ。
だから俺は百均でマル印のシールを買ってPLAYする面に貼っている。
しかし、この45のレーベル面はシールを貼ってもデザインと同化して目立たないし裏がPART2なんで細心の注意が必要だ。
もし間違ってもPART2はライヴVerなんで、どうでもいいちゃいいんだが。

SATANのコンピ 8O DID IT!収録曲。SATANの中では、あまり見かけないLPだ。
絶対に高いと思ったが俺は5000円も出してしまった。
BOの信者としてはハズせない男の買い物だ。
BO DIDDLEY BEATのRIP OFFナンバーを集めたコンピレーション。
BO BEATは7時間くらい聴き続けて、やっと飽きてくるという魔法のBEAT。
BOのバックは、よく見ると適当な頼りない奴が起用されててインチキ臭い。
BO BEATは聴いていて楽しくなるというよりも何か悪い事をしている時の血の騒ぎ方と似ている興奮が有る。
俺はソコが大好きだ。
BO BEATは誰でも出来るのに本家のBOに誰も圧倒的に叶わないのは何故だろう。
やはりソコは魔力とか神通力とかの領域なんだだろう。
もしソレが、この世に無ければ、そんな言葉も存在しない。
ちょっとBO BEATはDANCEしずらいと思うかもしれないですが下に貼り付けたYOUーTUBEのTEDDY BOYの踊りを参考にして下さい。
8O DID IT!にはTHE CURIOSは両面が収録されている。
THECURIOSはレーベルのCURIOから判断してマイナーなバンドだろうと推測して謎だと適当に書いて記事を終わらそうと思ったが、
WHITEレーベルから単独CDとROCK,ROCK,ROCKABILLYというクドいタイトルのヤツともう1枚。
合わせてCDが3枚もリリースされていた。
元々はArkansasのROCABILLYグループでBobby Brown and the Curiosという名義で活動。
1963年に自主リリースしたのがCHICKEN BACKだ。




BO DIDDLEY はアナタの人生を変えた1枚(LP)は?の問いにTHE CLASHのWHITE RIOTと答えた。

!0boclash.jpg

HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。


2012-02-28 Tue 18:05

Eddie Lang $ On my way / Easy rockin’ ~(RON )

!0erock.jpg



!0edyla.jpg

先日、PRADAをPLADAと書きファッション誌SPUR(シュプール)をスパーと言ってしまいファッションに疎い事を露呈しえしまった。
大恥をかいてしまい外に出れなく家に閉じこもっている間、俺が何を考えていたかというとEddie Langの事だ。
彼のフォトを見るとかなりのオ洒落さん。
ピックガードは豹柄だし腕時計はシロ革。バリバリの歌舞伎者だ。
見習いたい。
余談ですがSPURに掲載されたゴロッパチの記事は環七スピードキャッツのトモジェーが切抜きを送ってくれる事になった。
切り抜きが欲しい。。。
いつまでも少年の心を忘れないでいたいものだ。
送ってあげると言ったトモジェーにも、その優しさを忘れないでいて欲しい。

Eddie Langは1959年にRONから2枚の45リリースが有る。
1959年、彼の年齢は23歳だった。
*On my way / Easy rockin’ ~ RON 320 (1959)
*Troubles troubles / She’s mine all mine ~ RON 324 (1959)
この2枚はリプロ化されており明日、入手出来る。
だからどうした?ではない。ゲットしろ。
Eddie Langが何者かというとJessie Hill's HouseRockesのオリジナル・メンバーで後にGuiter Slimのバンドの2ndギタリストに収まった男。
バッキングも凄いと思って調べたらDr.Jhonが参加してるしレコーディングにはACEのJonny Vincentの立会いの元、行われたそうだ。
バリバリだな。
She’s mine all mineはグッとニューオリンズ寄りだがRAW録音で、こちらも痺れる。



tumblr_lspdl5vhed1qed8s5o1_500.jpg

HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。

2012-02-27 Mon 23:07

Lenny Capello and The Dots $ Cotton Candy / Tootles (RIC)

!0lenny.jpg

!0sk2.jpg

今夜もRON/RICで元気にいきましょう。
個人的にRICでフェイバリットなのがLenny CapelloのTootles。
1959年リリースのナンバーだ。
A面のCotton Candyがニーュオリンズのローカル・ヒットだが裏のTootlesはSAVAGE KICKS VOL2に収録されている。
そこが思い入れの強い要因かな。
このシリーズは、もう1セット欲しいくらいPSYCO-。
Lenny Capelloは白人だがLally WilliamsのR&Rみたいでイケてる。
後半部の文字起し出来ない?「ピシャーア!!」というシャウトが痺れる。
シャウト選手権が有って俺が審査委員長ならば優勝にするね。
実はACEが最初にLenny Capelloに声をかけていたんだけどリリースが立て込んでてチョッと待っててくれと言われていた。
でも待てなくてRICからリリースしたという経緯が有る。
ACEからリリースされていれば、もっと知られたLenny Capelloは存在だったと思う。
YOU-TUBEの再生回数だが (コレを書いている時点。)
Lenny Capello - Tootles 377回、AKB48パンチラ集 1,239,751回。
AKB48パンチラ集はLenny Capelloの3288倍視聴されAKB48パンチラ集の0.0003%にしか過ぎない。
ふざけるんじゃねえよ。
いや、ふざけちゃいないか。これって大マジだ。
ふざけてたら、こんな大差はつかないもんな。
今の日本って1日「ふざけるんじゃねえよ。」しか言っちゃいけないとしても過ごせそうだよ。
特に月曜日。



tumblr_lvk53wCDgP1qmrsmh.jpeg

HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。

2012-02-27 Mon 00:10

THE VELVETIERS $ FEELIN' RIGHT SATURDAY NIGHT/OH BABY (RIC)

!0ric.jpg

smoking.jpg



RON/RICレーベルの流れていきましょう。
RON/RICはJoe Ruffinoがニーュオリンズで起こしたレーベルでクローズしたのは本人が亡くなったというのが理由だ。
IRMA THOMASの1Stシングルをリリースした功績がよく知られている。
全国区のヒットは殆ど無くニーュオリンズ・エリアのみのヒットしか出せていない。
またニーュオリンズのみのミュージシャンのリリースばかりしていた。
1958年~1962年の稼動期は、おりしもR&Bの黄金期。
この短期間で後に「ニーュオリンズの音楽」と言われる基準をACEと共に創造した。
視野は狭かったが逆に言い替えればRON/RICは混入物が入ってないニーュオリンズR&R/R&Bの原液だ。
目の前に見えてるものが最高だったら視野が狭くてもOK。
ちなみにJoe RuffinoにはRONとRICという2人の息子がおりRONとRICが有るのはソレが理由。
子煩悩という事が伺え悪い人じゃなさそう。

ROUNDER RECORDSのCarnival Time!Best of Ric Records収録曲からお気に入りの45を。
謎のグループ「THE VELVETIERS 」のFEELIN' RIGHT SATURDAY NIGHT(1958年リリース).
Huey "Piano" Smith and The Clownsを思わせる酒量の多いニーュオリンズR&B。
1958年リリースというとThe Clownsのデビューと1年しか間隔が開いてないのに、あのサウンドをパクれたのか??
絶対に何か面白い事実が眠っているに違いない。
しかしTHE VELVETIERS については何も解らない。
全てを知っているであろうJoe Ruffinoが既に亡くなってしまっているからだ。

tumblr_laita1C8Mn1qcgenbo1_500.jpg

HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。

2012-02-26 Sun 16:25

The Party Boys $ We Got Party Part 1 / Part 2 (RON)

!0party.jpg

tumblr_lvah639kw81qmrsmh.jpeg



2012年5月5日(SAT)に札幌MODS MAYDAYが開催されます。
その時にPARTY BOYSを復活させます。
なんだソレ?と思うでしょうから説明すると、
俺とゼリーとのDJユニットでカワリバンコで仲良く45を回していきます。
(以前の相棒はTHE LUMDEESのヒロト)
TEENAGE BABYLONの頃にBACK TO BACK形式を試みた事が有って松井&岡田の組み合わせはVAVI KIDS(バビ・キッズ)桃&SALLYはYorkshire Terriers(ヨークシャテリアズ)と命名した。
随分と勝手な事をしたものだが苦情は無かったと思う。

PARTY BOYSはコンピ「WE GOT A PARTY! THE BESTOF RON RECORDS VOL1」(ROUNDER)に収録されているグループ名から頂いた。ネーミングの元ネタだ。
面白い名前だと思ったから頂いただけだ。
心の底から好きなナンバーかというと、そうでもない。
普通だ。
普通なんだが「名前を頂く程、好きなら」と桃に45を貰った。
もちろん「ありがとう。でも普通だよ。」とは口が裂けても言えはしない。
しかし改めて聴いてみると、このやる気の無さは特筆モノだ。
レコーディングは真剣勝負で、やる気の無さは中々、出せるものでは無い。
縁起でもないが、この45に添えられたメッセ・カードは私信なので発表はしませんが桃が死んだら泣けるんだろうなと思った。
マジで健康に気をつけて長生きして欲しい。
ニューオリンズのRON/RICレーベルの稼動期間は1958年~1962年と俺の様なR&Bファンにとってはハズレ無し。
アドバイザーにEDDIE BOを迎えていただけあって全て聴いたワケでは無いけれどクソだというのは無い。
ROUNDER RECORDSのこのシリーズは3枚リリースされておりドレも最高な内容だ。
VOL3にあたるTROBLES,TROBLES収録のJERRY MORRISはLITTLE RECHARDばりのROCKIN'スタイルで貴重。
未発表曲ということで架空のリプロ化が待たれる。

tumblr_lt1tp1rxOB1qc1sduo1_400.jpg




HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。


2012-02-25 Sat 16:15

HIDDEN CHARMS MIX-CD VOL5

!0no5.jpg


tumblr_l9681c7MSM1qz6cvto1_500_20120225160901.jpg

1 mustang/the kinfolk's
2 musatng/sir frog& the tords
3 crazy man/chee chee
4 wash board take1/the poorboys
5 black bottom blues/king coleman
6 can't judge a book/bobby comstock
7 shimmy loo/bobby lee trammell
8 yep/me&dem guys
9 daddy gonna' put the hurt on you/the sparkles
10 the slide/bunny shivel
11 i'm your bread maker,baby/slim harpo
12 scoop scoobie doobie/jessie hill
13 slam hammer/johnny young
14 rocking in the cocanut top/hop wilson
15 little jewell/ jimmy heap
16 thunder/ the rockin' aces
17 c'mon and swim/the lifeguards
18 cookin' catfish/albert collins
19 separation/king solomon
20 she's so fine/bobby guitar
21 somthing for you,baby/mary"B"
22 bacon fat/the vicetoys
23 johnny little/eskew reeder
24 the mohawk/ d.c wasington
25 popsicle boy/the tikis
26 stand up straight andtall/jackie shane
27 everybody's dancin'/harold burrage
28 say what /lattmore brown
29 do you think that's right/judy clay
30 katanga/little willie john














2012-02-24 Fri 19:51

Bunny Shivel $ You'll Never Find A Love Like Mine/The Slide (Capitol)

!0slide.jpg



もしもしー今日も極寒でしたね。
wpeF3_20120224183958.jpg


HIDDEN CHARMS PROMO MIX-CDの反響は、けして大きくはないけれど自分で聴けば解る。
最高だ。その位の判断は出来きるよね。
早くもVOL5を近々ドロップする。
正確に云えば近々サリー次第でドロップします。
45の整理BOXはBLUES,R&B,BLACK R&R,GARAGE,GIRLS,ROCABILLY,STROLL,SOUL.DANCE CRAZE.REPRO,最近買ったヤツ。、
そんな種分けで細かく分けている。
じゃなかったら失くすから。
イベント前にナイナイナイナイとバカみたいに探しまわった事は1度や2度じゃない。
VOL5に収録するBunny(ウサギ)ShivelのThe Slideはドコに種別してるかというとKAZのCLASSIC。
1966年リリースのNorthern Soulにカテゴライズされる女のSOULだ。
片面のYou'll Never Find A Love Like Mineはグッド・ノーザンでThe Slideが変なノーザン?。
Bunny Shivelについては何も解らない。
他に、もう1枚「Top Twenty」というイカしたシングルをリリースしているという事くらい。
(ご存知の方がおられたらご一報を。「へぇー」としか言えないと思いますが。)
The Slideの深みのないピョ~ンとかテロテロテロというギターとバックの嬌声。
只者ではない。
どこか、思いっきりやり切ってない感じも可愛げが有る。

tumblr_lf9d9aGMCI1qckm0wo1_500.jpg

HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。


2012-02-23 Thu 13:54

Little Willie John $Leave My Kitten Alone/Let Nobody Love Yo(King)

!0little.jpg

!0littlewj.jpg



2月22日がニャンニャンニャンという事で猫の日と云うのならば2月23日はニャンニャンさんの日だろうが。
そんなワケで本日もネコードを取り上げます。

Little Willie Johnの1959年リリースの45「Leave My Kitten Alone」。
1961年に再発され2回も小ヒットした猫派には堪らないR&Bだ。
未だに他の追随を許さないBLACK R&RバイブルSAVAGE KICKS VOL8にも選出されている。
POPだがアンダーグラウンド的なな鋭利さは充分あるナンバーだ。
Little Willie Johnは凶暴な性格でアルコール中毒。
殺意の有る殺人(故殺というんだが)で有罪になりワシントン州立刑務所で獄中死。
殺人方法はナイフによる刺殺だった。
チビで笑顔が可愛い子なのに人は見かけによらないものだ。
ドン引きしたかもしれないがLittle Willie Johnの悪いトコはそれだけ。
そこからフォローしていくのは難しいかもしれないがヴォーカリストとしては高い評価を受けた人で彼を見出したのはJohnny Otis。
JBが師と仰ぎカムバックに尽力したが願い叶わず彼の死後、追悼アルバムをリリースしている。
近年のPOPCORN/NEW BREED R&Bの人気の高まりから「FEVER」「I'M SHAKIN'」といったナンバーがクラブ・シーンでも再評価を受けている。(ご存知かと思いますが。)
俺が「FEVER」を最初に聴いた時は「暗い。」「どうやってFEVERすりゃいいんだよ。」という印象で長らくノーチェックでした。
Do You Love Me を桃に教えられてハエーのもあんじゃん!と急に好きになった人です。
個人的にはピッツバーグ・オールディーズの「MR GLENN」もフェイバリット。
どの人にも言える事だけどLittle Willie Johnは生きておきゃよかったのにな。

tumblr_lw9uqcm7oA1qmmr9io1_500.jpg




HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。


2012-02-22 Wed 22:55

ROD WILLIS $ THE CAT/WILL TRAVEL (NRC)

!0cat.jpg


tumblr_ll1bjthqt81qgbqjbo1_400_20120222212350.gif


今日は2月22日。
ニャンニャンニャンという事で猫の日という人もいるけれど2並びなだけで猫とは全く関係が無い。
よく考えてみてくれ。2が並んでるだけだ。
俺ってノリ悪いかな?
そんな事もないですよって事で今夜はネコードを紹介しましょう。

Desperate Rock 'N' Roll, Vol. 13
Monster Bop
Grab This And Dance, Vol. 1
Rockin' Nightmares
Nasty Rockabilly, Vol. 11

絶望、怪物、略奪、悪夢、不快そんなネーミングのコンピレーションに収録されている。
まだまだ多数のコンピに収録されているROCKABILY BOPER CLASSICだ。
(いちいち言う必要もないかもしれないが所有盤はリプロ。)
ROD WILLISは2枚のシングルをリリースしたのみのマイナーなROCKER。
THE CATは名門NRC(1959年)リリースの2ndにしてラスト・シングルだ。

何を言い出すんだと思うかもしれないがフト思い出したので書いておく。
幼稚園の頃、不気味な絵を描く子がいた。
墓場の絵を描いて墓石に自分のお父さんの名前「ナカノ シゲル」と書いて先生に暫らく無視される位、怒られた。
それに上乗せでウンコも漏らしてた。
ソイツに比べたら俺は着替えるのが遅かったけどイイ子供だったな。
関係ないけど。

THE CATのリリックが最高?。
猫が風吹く墓場を歩いてるシーンから始まり~
Don't dig me daddy, 'cause I'm real gone
(お父さん掘り起こさないで僕は本当に、もう死んでるから)の繰り返し。
I really don't know what this hell record's about you know
(本当にワケが解んねー地獄のレコード。アンタ解る?)という呆れた台詞で〆ている。
ワケは解らないが最高だな。

TS3Q0308.jpg
ウチの猫 CHESS(チェッさん)

HIDDEN CHARMS PROMO CDに関心が有る方はメールフォームよりお問い合わせ下さいませ。
カテゴリのMIX-CDを選択して頂きクリックするとVOL1~VOL4のクレジットがご覧頂けます。

!0stra_20120222225452.jpg



01 «
2012.02
» 03


1234567891011121314151617181920212223242526272829