Home > 2016年05月  TotalPages3 next

2016-05-31 Tue 23:11

VIBRA-SONICS/DRAG RACE(IDEAL)64

!!!!000aadrac.jpg
今回もサーファー繋がりで。
音楽を聴きたがる?のは医学的にドーパミンが原因だという結論が出ている。
脳内では薬物依存と同じ現象が起こっているのでレコードコレクターは脳の病気だ。
平常時を100とするとセックスで分泌されるドーパミンは200。
喫煙は220だって。
お前モテないのにタバコ吸わないの?って話だな。
覚せい剤は1000。
(やったらダメね!!!!)
ロックンロールはどうだろう?
彼女より(または浮気するくらいなら)レコードが欲しいって言い放つ人間を俺は、かなり知ってるよ。
レコードはヴィヴラーソニックスのドラッグ・レース。
エンジン音を効果音に頼らず自力で、やってます。
ドーパミン大噴火だ!!



Bikers_1088-1-14R_CLEAN.jpg
スポンサーサイト

2016-05-30 Mon 10:44

JOEY & THE CONTINENTALS/ SHE RIDS WITH ME (CLARIDGE)64

!!!!00aaajot.jpg



今回もサーファー繋がりで。
ブライアン・ウイルソン作のキラー・チューン。
大手メジャー・レーベルにはバンドやアーティストの牙を丸く研磨する部署が有る。
インディ・レーベルにはソレが無いから最高だと云える。
その代わりと言っては、ナンなんですがテキトーな仕事をするという弱点が有る。
コレも、そんな1枚だ。
一応、頭にスッと入る様に説明したい。
この録音はジョーイ&ザ・コンチネンタルズでは無くロッキン・ラムロッズの演奏だ。
この録音を残しレーベルを去りGTO’S名義でビーチボーイズのカバー「ガール・フロム・ニューヨーク・シティ」をリリース。
残された音源が、もったいなかったんで新たに契約した新人の名義でリリースされていたのだ。
でもGTO’Sが出たのでマズいと思い直しGTO’S名義のラベルを張替え「シー・ライズ・ウィズ・ミー」はリリースし直された。
レーベルが2種、存在する事になるが、どちらもレアでは無い。
そしてジョーイ&ザ・コンチネンタルズは無関係だ。
名前だけ。

janea.jpg

2016-05-29 Sun 17:58

THE SIDEWALK SURFER/ SKATE BOARD (JUBILEE)65

!!!!!00skt.jpg




今回もサーファー繋がりで。
60年代のサーフ・グループの99%はサーフィン体験の無いマスかき野郎だった。
本物のサーファーだったデック・デイルはサーフィンの実体験で得た感覚をギタープレイに置き換えサーフ・インストを生み出した。
置き換える意味が分からないが出した結果は素晴らしい。
ファンでは有るが自分を俺様というキャラは止めて欲しい。
現在はスケボーで呼び名が統一されているが発祥した時は「サイドウオーク・サーフ」といってスケボーの板もサーフボードを模した様な感じだった。
サーフィンの板が買えなくても海が無くてもホームセンターでコロコロを買ってきて付けるだけでサーファーになれた。
レコードはサイドウオーク・サーファーズのスケードボード。
コレの正体はブルース・ジョンストンです。

!!!00aaswsuf.jpg

2016-05-27 Fri 19:08

MANUEL&THE RENEGADES/ REV-UP (PIPER)63

!!!00arup!.jpg
!!!!!000gds.png

今回もサーファー繋がりで。
NTTドコモのCMで「グッズになりたい!グッズになりたい!」って流星に祈る二匹は「ポインコ」という。
可愛いよね。俺は好きだよ。
この前ショップに行ったらクソババア・ホステスが連れのジジイ(年下)に「スズキサン!ワタシ、コレ、ホシイヨ!」と、ねだってまして。
展開を眺めてたらジジイの尽力でクソババアは貰えてた。
せっかくグッズになったのに可哀想に。
ドナドナだよ。
ところで7インチって黒くて丸いトコが車のタイヤに似てる。
ホッドロッドの7インチはタイヤになりたいんじゃないか?
レーベル面がホイールのデザインが有ればイイのにな。
クルクル回ったらカワイイぞ。
刻まれてる音は何でもイイわけじゃない。
マニュエル&レネゲイズのレヴ・アップ。
これが最高。(マッチ調)



2016-05-26 Thu 17:12

THE ROGUES/ COME ON,LET'S GO! (COLUMBIA)65

!!!000aaarogs!.jpg



今回もサーファー繋がりで。
とはいえサーフィン/ホッドロッドのヴォーカル・ナンバーは変名が多く、やってる人は同じなんで書く事は多くないんだが。
ローグスの正体はブルース&テリー。
リップ・コーズもそうなんだけどブルースとテリー以外の二人はガキタレあがりで何も出来ないヤツらだったそう。
居たら邪魔なだけだったんでクビにした結果がブルース&テリーだ。
ローグス名義は2枚しか出してないけれどR&Rカバーの生産ラインだったと思われる。
カモン・レッツ・ゴー!の他にバディ・ホリーのカバー「エブリディ」のシングルも気絶する程いい。
メローな「レイニン・イン・マイ・ハート」もやってる。
バディ・ホリーのファンに悪いヤツは居ない。
たとえ能無しをクビにしたとしてもだ。

11054464_789720044440323_5700257666526799651_n.jpg

2016-05-25 Wed 20:35

THE MARK FOUR / SWINGIN' HANGOUT (PACFIC CHALLENGER)64


!!!!000aaadjw.jpg



今回もサーファー繋がりで。
60Sガールズ・サウンドの裏というか相関関係の音楽としてボーイズ・サウンドというのは無い。
有るけれど紐づく感じがしない。
そこで俺はサーフィン/ホッドロッドである説を唱えるよ。
詳しい説明は省くけど、そうだよ。

マーク・フォーはオレンジ・カウンティのテーィン・グループでデッチあげられたバンドじゃないので演奏が雑だ。
白目で口の周りは泡だらけのホット・ロッド・ガレージ。
やるっきやないわさ!!というという力まかせのプレイがハートを貫くけれどバンドは進学を理由に解散。
ちなみにレーベル「海の挑戦者」は82年まぜ細々と存続し毒にも薬にもならない7インチを20枚ほどリリースしている。
地球にゴミを増やすな。
マーク・フォーの7インチだけは宝石だけどね。

0HQKF6gbplz4t9fhuSqXSCWCo1_400.jpg

2016-05-24 Tue 15:36

THE CASTELLS/ I DO (WARNER BROS) 64

!!!!!000aacsls.jpg



今回もサーファー繋がりで。
DJでサーフィン/ホッドロッドをマワして盛り上がった事が数える程しかない。
チャーリー&ザ・ホットホイールズの出番前の1回。
1は数えられる数字だし記憶にも残りやすい。
だから、あんまりプレイしない感じだ。
ジミー益子さんにソレを尋ねた事が有る。
「あー盛り上がらないよ!まにたソフト・ロック好きなヤツが盤を覗きに来る位で。」との返答。
ただ必ず一人は絶賛する人が現れる。
「やべー!」「最高だ!」「良かった!」と。
そうゆう人たちで4年に1回でも、どこかの島で集まれるイベントが有ればイイのに。

レコードはビーチボーイズのボツ曲のオケ(レッキング・クルー)をそのままにキャステルズがヴォーカルを吹き込んだナンバー。
ビーチボーイズVER(デモ)が90年にボートラでCDに収録されたけどマイク・ラブのパートをどう入れていいか手をこまねいてる感じだった。
だからボツか?
キャステルズも最高だけどロニー・スペクターが歌うヴァージョンも聴いてみたい。
絶対に素晴らしいだろうな。

tumblr_lhtfgfKSfZ1qcuq56o1_500.jpg

2016-05-23 Mon 20:26

THE TRADE WINDS/ THE GIRL FROM GREENWICH VILLAGE (RED BIRD)65

!!!!0atwnds.jpg

今回もサーファー繋がりで。
サーファー・アンセム「ニューヨークズ・ア・ロンリー・タウン」の次のシングル。
ロネッツの「ドゥ・アイ・ラヴ・ユー」(めっちゃイイ)を描いたフィル・スペクター門下のソングライター・チーム、アンダース&ポンシアが、でっち上げた架空のバンドだ。
ニューヨークズ~をフィルに聴かせたら俺のレーベルからはリリースしないと拒否された流れで、しゃあなく架空バンド名義でドロップした。
拒絶の理由は自分(フィル)が関わってないのに素晴らしいから。
自分の評価にならない事は拒絶じゃという事。
クズな性格が災いし、お前一人で作ったワケじゃないだろー運動が盛んになり周辺人物、裏方の評価が高まったと言えなくもない。
この曲のユーチャーブ面白いです。



F1g7m7DWAmigzjoxiGukVAEGo1_400.jpg

2016-05-22 Sun 16:49

JAN&DEAN/IT’S AS EASY AS1,2,3(LIBERTY)65

!!!!!000aaaajden11.jpg



今回もサーファー繋がりで。
ジャン&ディーンは60年代末期になると「夏木ゆたか」だ。
チャラいのかマジメなのか分からない感じ。
ハゲてデブってヒゲ生やしてる方がマシだ。
少なくとも自然体という誉められる点が有るから。
言うまでもなくサーファーにとってジャン&ディーンはマスト。
「イッツ・アズ・イージー・アズ123」はジャンがユルく当時のガール・フレンドのジル・ギブソンと歌う名バラード。
一聴してジャンいらねーと真っ先に思うはずだ。
ステレオ盤のバランスのツマミをいじったらジャン消せるんじゃないか?と試した事ある。
結果、どうしても消えない。
実はジャン抜きのジル・ギブソンだけの盤が出てる。
それは200ドルくらい。
ジャン&ディーン名義の方は2ドル。
高低差ありすぎて(後略)。



2016-05-22 Sun 15:11

BRUCE JHONSTON/DOWN UNDER (CBS SPN)63

!!!!!!!!!!!0000000aaabjtn1.jpg



今回もサーファー繋がりで。
「トミー」「SFソウロウ」に先がける事5年。
ブルース・ジョンストンのアルバム「サーフィンで世界を回る」は人類初のロック(サーフ)オペラだ。
ブランキーとチャラが流行った時に俺はコレを愛聴してた。
俺の感性がオカシイのかと思ったが狂ってるのは奴らだったのさ。
テリー・メリチャーのプロデュースでハニーズが参加。
レッキング・クルーの演奏だとしたらキャロル・ケイのベースがビンビン。
リイシューしたのは日本だけ。
単独CD化の発売も日本だけと世界的な評価は、どうなってるのか?
世の中に存在しないに等しいけど俺はLPもCDもEPも買ったよ。
「世界を回る」と題しているものの歌詞を見てみるとオーストラリアにしか行ってない。
多分、インストの間に行っているに違いない。
レコードはスペインEPで「ダウンアンダー」が俺は1番、気に入っている。

!!!!000lpee.png

04 «
2016.05
» 06


12345678910111213141516171819202122232425262728293031