Home > 2017年03月  TotalPages2 next

2017-03-30 Thu 20:28

LITTLE PATTIE/ SURFIN' TIME AGAIN (HMV)64


!!!!!000aaalp111.jpg

ロック! 
ロックは常に反体制。
弱者の味方であるという側面を持っている。
ここで勘違いして欲しくないのは与党も野党も体制側。
選挙なんかじゃ変わらない何ともしがたい事柄について弱者の味方という事だ。
ストゥージーズの「可愛い顔して地獄へ行きな」が好きだ。
イギーがとある美人の傲慢な態度を見て自分は美しいというオゴリが余裕をカマさしてるんだと分析した。
しかしながら外見的な美しさは永遠では無い。
そこで「美人は全部、同じに見える!可愛い顔して地獄へ行きな!」というリリックを紡ぎ早急なビートにコレを乗せた。
ストゥージーズが味方なんだからブサイクだっていいじゃない。

レコードは可愛らしいオーストラリアの子供歌手リトル・パティの「サーフィン・タイム・アゲイン」。
年齢を重ねた画像も載せておきます。
だいぶ変わったなあ。
地獄では無いけど。

!!!!000lpee_20170330202744a4c.png

!!!!!00000aaaalp.jpg



スポンサーサイト

2017-03-27 Mon 17:44

THE CHESTERFIELD KINGS/ PSYCHDELIC SUNRISE (WICKED COOL)2007

!!!!!0000aaacfk111.jpg

ロック!!
革のエンジニア・ブーツはカッコイイで先のトンがったチョッカー・ブーツはカッケー。
綺麗に整えられたリーゼントはカッコイイでカジャグーグーの髪型はカッケー。
後ろ髪が長くてトップをツンツン立ててる長髪はカッケーんだ。
そうゆう意味でチェイスターフィールド・キングス兄さんのアルバム「サイケデリック・サンライズ」はカッケー。
CFKのリリースが途絶えてから10年の月日が流れた。
その間、俺の瞳には何を映してきたのだろうか。
最近は森友学園問題だな。他人の中傷してる場合か?思うが。
フェイス・ブックでCFKの解散説と本アルバムの収録曲がカッケーという話題を振った。
フェイダウェイズのトヨゾが解散について「マジすか!!!(泣)」とコメントした。
多分だが世界一ガレージが好きな人間でさえノーチェックだったという事が露呈した。
こりゃ解散も致し方ないな。
「サイケデリック・サンライズ」10周年です。
「アップ&ダウン」「ステイド・トゥ・ロング」はカッケー。
俺は今日、これだけが言いたかった。









2017-03-26 Sun 14:31

ROY WOOD'S WIZZRD / INTODUCING EDDY & THE FALCONS (UA)74

!!!!!!!!!!!!000000000aaaaaaaarww11111.jpg



ザ・ビートルズ/サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド。
この表記を見てドッチがバンド名だ?と考え込む人は、あんまり居ない。
念のためロイ・ウッズ・ウイザードがアーティスト名で「エディ&ザ・ファルコンズのご紹介」がアルバムタイトルだ。
奇才ロイ・ウッドの74年ドロップのロックンロール・オマージュ・アルバム。
アマゾン・レヴューでは大瀧詠一ファンは聴くべきだとされているが余計な、お世話だと思う。
オーヴァーダブ無し一発録りが命みたいな俺だけどコレはファイバリット。
更年期の浮き沈み有る性欲の如く突然、盛り上がり無性に聴きたくなるアルバムなのだ。
当初はコレと前衛JAZZとの2LPで発売しようとしたらしいが猛反対に合い1LPとなったそう。
もちろん俺も反対。
そうならなくて良かった。
エルヴィス、ディオン、フィル・スペクター、デル・シャノン、ポール・アンカ風味の楽曲が1枚のアルバムがワザとらしい慈愛が爆発しており素晴らしい。
これは例えるなら天国の夢だ。それが正夢なんだから最高だ。
グラム・ロック時代とあってウイザード時代のロイ・ウッドの扮装は超えてはならない一線を超えている様に思う。
「アー・ユー・レディーロック」(本作には未収録)の動画を見た時は自分の視力を疑った。
サザンもやってるけれど、その何十年も前にハゲズラを被っており人参を刺している。
モテなく面白くする必要が有ったのだろうか?
「逆音楽で勝負」と云えるスタンスでロイ・ウッドの自分の才能を疑わない信念には脱帽だ。
このアルバムには入ってないけど「エンジェル・フィンガー」「ロックンロール・ウインター」も大瀧詠一ファンは聴くべきキラー・チューン。
アルバム中では「ジス・イズ・ザ・ストーリー・オブ・マイ・ラヴ」「カムバック・カレン」が好きだ。





2017-03-24 Fri 18:47

THE CANNIBALS / PICK 'N' CHOOSE (HIT)79

!!!!!!!0000aaaaapchoose.jpg




初代カウント・ビショップスのヴォーカリスト、マイク・スペンサーが組んだバンドがカンニバルスだ。
77年にスタートを切っているので60sパンクの影響を受けたバンドとしては実は「初」だと思う。
精神鑑定の心得の無い俺でも「陰気では無いが自己アピールが激しい狂人」と云える色使いと常軌を逸したイラストのアルバムを何枚か出しています。
ヴィニールJAPANの出張セールでチャック・ベリーのカバーソング「ネイデーィン」の7インチを購入したのが出会い。
「ジャケに落書き有り」というマイナス査定で安く買えたが、どう見てもマイク・スペンサー直筆のサインだ。
カンニバルスは、とても人気が無いんだね。
ジョーの家に行った時に迷惑としか言い様にないクリスマス・ブーツを型どった必要以上にデカいカンニバルスのクリスマス・シングルが有った。
収納に困るという話をしただけでカンニバルスついては何も語り合わなかった。
ヤング・パリジャンのツネさんのサポートで来日が実現したのは、いつだったか?
東京ガレージ・シーン総出のフェステバルだったと記憶する。
その時DOLLにインタヴューが掲載された。
ツネさんにカンニバルスと云えばカズさんだと言われ訊きたい事は有りますか?と求められた。
セックス・ピストルズ関連の人物デイブ・グッドマン(SPUNKのプロデューサー)との関わりやパブ・ロック・シーン等、面白い回答が聞けたはず。
でも、その回答は全部、忘れてしまったのでココで披露、出来ない。
一つだけ覚えてる回答が名曲「ピッキン・チューズ」について「このシングルはゲイ・クラブでヒットした」だ。
「男が女を愛する時」はイギリスでは女を口説く時にバックで流すらしいがゲイ・クラブではピッキン・チューズだったワケか。
俺にとってピッキン・チューズは尋常じゃない位、大好きなナンバー。
死んでも聴きたいくらい。



2017-03-22 Wed 21:06

THE COUNT BISHOPS / GOOD GEAR (LOLITA)77

!!!!!!!!0000aaaacbs1111.jpg


ロック!
チャック・ベリーとブルースをヤッてるバンドは疑い様が無く瞬時にロックだと思う。
他に例えようが無い。
時代を切り裂いて下さいと言われて「出来そうや」と切り裂けるものじゃないですか。
ドクター・フィールグッドは時代を切り裂いたね。
ダウン・バイ・ジェティーは10年前20年前よりも更に輝きを増していってるアルバムだと思う。
ウィルコ・ジョンソン自伝「不滅治療」を読み出した。
ファン・クラブに入会するくらいウィルコが大好きなんだ。
その反動でウィルコが脱退したフィールグッドは聴いてない。
オリジナル・メンバーが1人も居ない現在のフィールグッドはコピーバンドだ。
ロクセットで盛り上がられても何故かモヤモヤする。
カウント・ビショップスはウィルコの次のギタリストになったジョニー・ギターのバンド。
暴走族がバンドの母体でチャック・ベリーとブルースを演るバンド。
1ST EPリリース後にVOマイク・スペンサーはチャック・ベリーとブルースとガレージをヤるカンニバルス結成の為、脱退。
カウント・ビショップスはチャック・ベリーとブルースとキンクスをヤるバンドとして続行。
このアルバムはマイク・スペンサーの後任が決まる前に4人編成でお1発録りされたアルバム。
マイク・スペンサーは良かったが居なくても問題が無い事を示しすぎる位、示したアルバム。
むしろカウント・ビショップスの中で1番、最高なアルバム。


2017-03-20 Mon 17:33

CHUCK BERRY / DEAR DAD (CHESS) 66

!!!!!!0000aaaaadeardad.jpg

!!!!!!0000aaaaacby.jpg



今日、仕事上の付き合いしか無い人に佐藤さんはチャック・ベリーが好きそうだけど亡くなっちゃいましたねと話しかけられた。
好きそうな顔してるんだね俺。
滲み出てるんだな。
ガレージパンク・ディスク・ガイドで俺がチャックを担当したけどマトモな事は書いていない。
というかチャックについては書けやしないと思うんだけど。
A-BONESのビリーにインタヴューした時にアルバムで「ツレーヌ」をカバーした理由を訊いた。
最近は有名すぎてカッコ悪いと思われてるのか誰もカバーしてなくない?
そうじゃない!カッコいいぜ!と言いたくてカバーしたんだと言ってた。
それがアタマに残ってたんで大阪ツイスト&シャウトへゲストで呼ばれた時に最後にチャック・ベリーをかける!と宣言したら歓声が上がった。
みんな好きなんだよ。
「ツレーヌ」をかけたんでイントロで「????」(知らない曲だったみたいで)となったけどチャックが歌い出したら「!!!!」。
盛り上がったね。
レコードは「ツレーヌ」は紹介した事が有る気がするので「ディア・ダッド」で。
チャックは全部グーだよ。



2017-03-19 Sun 12:16

ありがとうチャック

!!!!!!!00000aaaaacberry.jpg


チャック・ベリーの訃報が入ってきて悲しくなった。
でも、よく考えたら90歳だもんな。

「俺がR&Rのキングだと母ちゃんに言ったらさ。違うチャック・ベリーだって言うんだよ。
何でだよ!って食ってかかったらアンタ白人じゃないかって。
(少し間を置いて)
R&Rのキングは俺じゃなくチャック・ベリーだ。」
BY ジェリー・リー・ルイス



映画「キャデラック・レコード」によると白人席、黒人席の境界線をチャック・ベリーはダック・ウォークで、とっぱらった。
これは凄い事なんだよ。

2017-03-18 Sat 16:32

BANG BANG ROCK'N' ROLL Vol.37

!!!!!!0000abbr459.jpg

BANG BANG ROCK'N' ROLL Vol.37
2017.4.29. (SAT)
at KLUB COUNTER ACTION

9:00PM til 3:00AM
Befor 2000円
After 2500円
※入場時1ドリンク代別途500円

*SPECIAL LIVE SHOW*
BLACK MARIA (Nayoro)
KAKA (Nayoro)
BLUEMOON BEATS (Otaru)
RUMBLE CATS
PROUD ONES
紫イアン

*GUEST Dee Jays*
KEITA (Drunken Dogs - Nayoro)
TAI-SHAW (Tai-Show)

*SPINNERS*
EDDIE THE GOLDEN WEEK
anny_heavenly6
マリコちゃん
KING KINTA
KAKIMAN
DAN
Little Tim

*MC*
佐藤&真理子

2017-03-17 Fri 17:38

THE ORCHIDS / TEEAGE BABYLON (MYSTERY) 79

!!!!!!!000aaaocs12.jpg

!!!!!0000aaaabich1_20170317173611f26.jpg

ロック! 
このレコードは自分が昔やっていたイベント名とタイトルが偶然、一致している。
そんな理由だけでタイショウがプレゼントしてくれました。大感謝。
ラナウェイズは下着姿で大股おっぴろげてみてもピュア・スピリットや無垢さを隠せやしなかった。
やらしい目で見れない。
俺の目は誤魔化せやしない。
コンプライアンスという言葉は70年代に存在したのだろうか? 
有ったとは思うけど今と比較にならない位、軽かったと思うね。
10代の娘達にキム・フォーリーが課した企画は重すぎたと思う。
(がしかし名は残った。)
オーチズは、こんな人いたっけ?と思うけど元ラナウェイズのローリー・マカリスターのグループ。
プロデューサーは再度キム・フォーリーです。
写真を見る限り完全無欠のビッチ集団で誰も傷つかなかった事が予想されます。



!!!!!!!0000aaaod1.jpg

2017-03-15 Wed 18:36

THE CLINGERS/ GONNA HAVE A GOOD TIME (CBS)69

!!!!!!!clingers2222.jpg



ロック!
豊かな才能も彼のプロデュース能力にかかれば潰されて、たちまち犯罪レベル。
悪いトコを最大限に引き出されてしまうんだ。
奇才キム・フォーリーがランナウェイズ以前、初のギャル・バンをプロデュースしたレコード。
ノートン編集のキムの関わった音源集「ワンマン・ガベージ」では50年代末期から面白い事をやっていた事に驚いた。
60年代の人達?と写ってるキムの写真は彼だけ奇異な感じでコリン星から、やって来た宇宙人みたいだ。
目つきもファッションも悪い意味で誰ともカブっていない。
映画「ランナウェイズ」にもキムは出てくるけど役者さんが上手くて俺が思ってた通りの人物像だ。
特別なファンには中々、なりにくい感じ。
ランナウェイズは15-6歳の女の子達なのに、えばってるなあ~と思った。
クリンガーズは元々はクリンガー・シスターズといって眠りを誘う人形劇の劇中歌みたいなのをやってた姉妹グループ。
オズモンド・ブラザーズの姉妹ヴァージョンの感じ。
キムのプロデュースでロックに転向を試みたが残念賞を受賞した。
アンガス&マルコム・ヤングの兄貴のバンド、イジー・ビーツのカバー。
ブレイク部で挿入される金切り声のシャウトが他の何かに例え様もなくコレには俺も唸った。


02 «
2017.03
» 04


12345678910111213141516171819202122232425262728293031