Home > 音楽 >CARL LESTER $ WHEN YOU SEE ME HURT /DON'T YOU KNOW THAT I BELIEVE (BRENT)

2014-03-13 Thu 01:04

CARL LESTER $ WHEN YOU SEE ME HURT /DON'T YOU KNOW THAT I BELIEVE (BRENT)

!0aajet.jpg

)

まるでリヴィングトンズの様なサウンド・スタイルのカール・レスター&ザ・ショウストッパーズ。
凄みさえ感じるグルーヴ、全体から発する熱量の高さ。
声色から手足、顔、肌質、衣装、被ってる帽子にいたる外見までソックリだ。
それも、そのはずでメンバーはリヴィングトンズと全く同じで違うのは名義のみなのである。
コレは「パパ・ウー・マウ・マウ」のヒットを飛ばす前年の1961年にリリースされたシングル。
一応、リヴィングトンズの結成は1962年という事になっているが50年代初頭から主要人物はメンバーチェンジとグループ名の変更を繰り返し何が何だか分らない。
いちいち説明してられないのである。
ロザンゼルスのR&B人脈は東京の路線地図の様に複雑なのだ。
リヴィングトンズは「パパ・ウー・マウ・マウ」のヒットでノヴェルティ路線を強めた。
お金が嫌いな人間は少数派であり同じ様な「ママ・ウー・マウ・マウ」「ザ・バーズ・ザ・ワード」をリリース。
コレが大いにウケた。
ガレージ・ファンに馴染みのトラッシュメン「サーフィン・バード」は「パパ・ウー・マウ・マウ」「ザ・バーズ・ザ・ワード」のパクリだ。
この件について訴訟が起こってしまったが「サーフィン・バード」のヒットで更にパクリは馬鹿共に拡大。
日本でも寺内タケシが「レッツ・ゴー・シェイク」で、お気軽にパクッてる。
「もう言うだけ無駄な状態」になり裁判はウヤムヤなうちに終了した。
パクリ・ナンバーで最も低次元の曲群はノートンの「BIG ITCH VOL1」で聴く事が出来る。
ノヴェルティ・グループの位置付けのリヴィングトンズだが唯一のアルバム「DOIN THE BIRD」(アナログでリイシュー有り。)で聴けるトボけ色の薄い「それ以外」のナンバーも高水準のキラーR&R。
本盤「ホエン・ユー・シー・ミー・ハート」のリリース・デイトが1961年という事を考えるとリヴィングトンズは超実力派のグループだった。
原盤を買おうかと考えこんでたタイミングで、このリプロが出た。


ーKAZZMAN DJ スケジュールー

3月22日(土) STRUTTIN' *SPECIAL GUEST* STOMPIN' RIFFRAFFS
3月24日(月) KAZZJANIGHT!@TEENARAMA!
3月30日(日) 焼鳥★ガレージ★ 3周年記念PARTY
4月 5日 (土) HIDDEN CHARMS
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/1020-abce8948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10 «
2017.11
» 12


123456789101112131415161718192021222324252627282930