Home > 音楽 >ショートコラム

2014-05-14 Wed 23:43

ショートコラム

「このレコード売ってくれ!」

!00aabobby.jpg

アメリカにおいて黒人初の経営者ボビーロバートソンが営むレコード店。
ある日1枚のサンプル・レコードに針を落とすと通りに向けたスピーカーの音を聴いて数人の客が店に勢いよく入ってきた。
「このレコード売ってくれ!」
「すいません。サンプルなんで売り物じゃないんですよ。」
店を閉めボービーロバートソンは朝まで時を忘れ、そのレコードを繰り返し聴いた。
なんて素晴らしいんだ。
そのレコードはエルモアジェムスのダストマイブルーム。

ある日本人が80年代にボビーの店を訪れたら、あいにくボビーは不在。
せっかく遠いトコから来たんだからと店員が一時間程で戻ると言ってくれたので待つ事にした。
店員がエルモアジェムスに針を落とすと数人の客が入ってきて
「このレコード売ってくれ!」と言った。
もちろんボビーが録音したエルモアジェムスのレコードのストックは有る。
あの衝撃からボビーはエルモアを探しだし彼のレーベルFIREから名作の数々をリリースしたのだから。
店員は「ありがとうございます。」と言った。



!0aahd1.jpg

hounddog taylor 見聞録 
(日本盤ライナーから引用)

まず小銭以外は靴の中に入れてと指示された。
いざ店内へ。
イグロアの後をにくっいて、びくびく地下へもぐっていく。
暗い。暗い。
目が慣れると狭いカウンターに客がいっぱい。
皆、真っ黒だけど歯だけが白くやけに目立つ。
奥のさらに小さな部屋に入っていくとグワーン!ブラックライトのチラつくなかに凄まじいサウンドが充満してる。
不協和音の連続。
物凄いアップ・テンポ・ブギだ。
これは音楽なんて生易しいものではない。すさまじい感情の爆発。
暴力的といってもいい強烈な自己主張。
ほんもののブルースがここにあった。
スライドギターがビュンビュン鳴る。
ポルノタッチで女たちを湧かせるハウンド・ドッグ。
バックの二人は無我夢中。
その女たちが、また凄い。
ハウンド・ドックに口移しで酒を飲ませる。
(後略))



!00aadja_2014051423431753f.jpg

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/1043-470180a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031