Home > 音楽 >47 ROCKET RIDE!

2015-10-08 Thu 09:48

47 ROCKET RIDE!

!!!000aaaaroride111_20151008094435183.png


ジョーが描いたシナロケのTシャツ着てサンハウスを観にいったらシーナさんも同じの着てて。
同じねって2階から1階フロアの俺に笑顔で手を振ってくれたんだ。
あの時どんなに嬉しかったか。
俺が初めて盗みをしたのは小5の時にシナロケの真空パックのカセット。
捕まった。
それ以来、怒られるのが怖くて怖くて盗みは一度もしていない。
後日バツが悪いし違う店へ買いに行った。
興味を持ったのは小学生を中心に一代ブームを巻き起こしていたYMOの流れだったんだけどソレと違う感じだったので店員さんにコレはどんな音楽なんですか?と聞いたら「ROCK」と答えが返ってきた。
俺にとってシナロケはお釈迦様だ。
二十歳前半に2年ほどシナロケから離れてた時期がある。
モッズカルチャーに心酔したのが原因。
その頃の俺は目下の者や女には、めっぽう強かった。
だから性格のイイ、モッズに出会うと、ある意味ビックリする。
モッズは肥満が主な理由で続けられなくなった。
でもR&Rミュージックが好きでヒマさえ有ればレコード屋を巡った。
俺はお前らとは違う。
俺は誰よりも解ってる。


孫悟空ここまで来たぞ!


かなり遠くまで来たと確信した日に、目前の柱に、そう書いてみた。
そしたらソレはシナロケの中指だったんです。
シナロケの手の先から一歩も出ておらん。
お釈迦様と孫悟空だよ。


ブルース、キンクス、ラモーンズ、フィルスペクター、パンク、ストゥージース、リンクレイ、ボディドレー、ヤードバーズ、ローリングストーンズ、DRフィールグッド、ガレージパンク。
俺にROCKのイロハを教えてくれたのはシナロケだ。
開ける扉、開ける扉、全部にシナロケが居た。
よお!お前もココに来たん?えらいね!というウェルカムな感じ。
一つ一つは説明してられないけど極めつけはウィルコ・ジョンソンのファン・クラブの会報に鮎川さんが
「ファン・クラブの皆さん 僕は今ロンドンでウィルコ・ジョンソン・バンドとセッションをしていて、
それをレコードにするから楽しみにしていて下さい!」と写真付きのメッセージをくれた事かな。
会員は30人ほどだったからエーッ!!!??と思ったし嬉しかった。


シナロケのLIVEには一つ一つに楽しい思い出があるけれど
江別の豆猫カフェというローカル中のローカルの小さな店で目撃したのは幸運だった。
(現在はもう失くなったみたいだ)
下がクリーニング店で2階が、その喫茶店。
近所の子連れのおばさんが主な客層で子ども無料とか、そんな感じ。
そこに鮎川さんとシーナが来てLIVEをやるという情報をキャッチした。
友達が電柱の張り紙を見たとかで。
嘘だろ?って感じ。いや本当なんですよ!って会話は有った。
ライジングサンの前後に喫茶店と友達なので遊びに来たとか、そんな事情かと思う。
俺は、そんな小さなトコで二人を観れるなんて凄いと思い行った。
(不便さを考えたらライジングサンに行くより高くつけれど。)
二人で来るのでドラムがいないという事でPCにプログラミングしてきたトラックを使うはずが不具合で鳴らない。。。。
すると「叩ける?」と喫茶店の人に鮎川さんが訊いて。
「うん」と。
練習ナシのぶっつけ本番。
それが素晴らしいLIVE。
みんながダンスしすぎて下のクリーニング店から苦情が来て(笑)
音はいいんですけど天井が抜けてしまいそうだと。
鮎川さんが「ご近所の迷惑にならない様にダンス出来ないナンバーをやろうか?」って。
Train Trainをやったんだけど熱狂的な盛り上がりは収まらなくて大人も子ども皆で踊った。

シーナが「ダメだね。抑えきれないわ。」って皆で大笑いした。

ラストにやったのがWhat a wonderful world。
(ジョーイが亡くなった年の出来事だったはず。)
世間に物申すとか男女間の事、俺はワルだぜ!!とか。 
それ以外に「この世界は素晴らしい」とROCKでも云えるんだと感動した。

札幌のLIVEは15日(木)!! 皆で楽しもうぜ!!
フライヤーの下、見て。シーナもS&R SPIRIT担当で来るよ。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/1187-e00c705c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

07 «
2017.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031