Home > 音楽 >BIG MOOSE $ PUPPY HOWL BLUES/RAMBLING WOMAN(THE BLUES)

2011-02-19 Sat 15:26

BIG MOOSE $ PUPPY HOWL BLUES/RAMBLING WOMAN(THE BLUES)

110219_142431.jpg

曲のタイトル通りに子犬の鳴声を♪キャイ~ンクウ~ン♪トレモロで奏でたカッコいいロッキン・ブルース。
ビッグ・モーズは大物ブルース・マンのサポートに従事したピアニスト。
サニーランド・スリム、エルモア・ジェイムス、マディ・ウオータース、オーティス・ラッシュとそうそうたるメンツだ。
裏返して考えたら勤め先をコロコロと変えていたという事か。落ち着きが無かったんですね。
中でもアール・フッカーとは友達で共演アルバムをリリースしている。
ダンがTEENAGE BABYLONにてマワして大いに気に入りゲットした。トレモロは大好物なのだ。
裏面のRAMBLING WOMANはレッド・ライトニンの「ギター・スター」に収録。
それのライナーによると1965年か66年にリリースされたシングルらしい。
このクールなギターはアール・フッカーだろうか?
ピアニストなのに「ギター」に注目とはあんまりと言えばあんまりだ。
本人の晩年の写真もあんまりといえばあんまりの状態だった。

00174.jpg

こんにちわ!!ビッグ・モーズです。
moose.jpg

調べてみたらGAZ ROCKIN' BLUES とブルース・ミルンのコンピに収録されていたがドッチもCDRで俺もMIX-CDRに収録しようとしてる。
CDRばかりとはあんまりだ。誰かなんとかして欲しい。
ブルースのガイド・ブックでも名前は有ったがスペースの都合上、割愛されてた。あんまりだよね。
CHESSさんもガックシよ。
___20110219151306.jpg



今夜は「バー武内」へお招きいただいたので私達、夫婦+波止場のハイヒールのカナエと小田原ちゃんとレモンの歌を聴きに行ってまいります。



スポンサーサイト

Comment

66年あたりのEARL HOOKERならMAGIC SAMとヨーロッパ行ってた辺りすかね?
つうことはギブソン・レスポール(黒、クール!)使ってた辺りかぁ・・・ん~微妙ですね。
それにしても、なかなかクールなスライドですよね~。
ガラスのボトルネックっぽい音。

ダンはマニアックですなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/127-1e877946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

07 «
2017.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031