Home > 音楽 >GOD SAVE THE KEB!! ケブ・ダージ全肯定 KAZZMAN 2010-12-14 記

2016-06-16 Thu 21:45

GOD SAVE THE KEB!! ケブ・ダージ全肯定 KAZZMAN 2010-12-14 記

!!!!000aaakeb1.jpg

DEEP FUNKというジャンルを確立し現行ファンクのプロデュースも手掛け世界一のDJと誉も高いケブ・ダージ。
世に数枚しか無い7インチをレコードケースに入れ世界をまたにかけツアーをする。
何度も来日し札幌に来た時は俺も行ったけど、そのDJプレイは流石に神々しかった。
その世界一のDJケブ・ダージがフィリピン人の娘さんに恋をした&アタマが少しおかしくなったという噂を聞いたのはいつだっただろう?
数年前だと思ったけどDJのスタイルをDEEP FUNK、ノーザンソウルからロッキンに転向させたと云うのだ。
このニュースは、これまで支持していたファンをガッカリさせた。
ケブが音楽性を変えたロッキン物の新作コンピレーション「赤いヤツ」は長年のファンからは黙殺されロッキンサイドからはブッちゃけ不要と言われていた。
無理もない。
ロッキンの心得のある人ならお馴染みの曲ばかりだ。
でもフト寄ったオサレな洋服屋UNITED ARROWSで店内BGMとして使われてて俺はイイ感じだと思ったが。
そんな噂から数年後、マンを持してリリースされた二枚組コンピレーション「ケブ・ダージとリトルエディス(嫁ちゃん)のLEGENDARY ROCKIN` R&B」を購入。
生意気ですがクレジット見たらマアマアだな~~と思って。
シールドを切って見開きスリーブを開きケブ自身が書いたライナーと写真を見て腹がよじれるくらい笑った。
痛快!!
そして俺はケブを全肯定する事にしたのだ。
このオッサンを嫌いになるなんて誰にも出来やしない。
否定禁止!!!
見開きスリーブの両面に広がっていたのは世界一のDJが到達した究極の高み。
そして幸福の絶頂の男の変顔だった。

以下ライナーの大意
レジェンダリーディープファンクとアディチュードと音楽が変わったのがお分かりか?
ファンクに飽きた。
長い間、新発見もないし。
これは新しいコンピレーションだ。
R&Bとロカビリー。
俺は嫁とロカビリーを愛してる。
俺(ケブ)は自分のコレクションから嫁ちゃんにレコードを選んでもらった。
そりゃヒデェって声が聞こえてくるよ~。
でも嫁ちゃんは14才まで裸でジャングルで育った。
嫁ちゃんの実家にはハゲの俺が行くまで水道ポンプさえ無かったぐらいだ。
ノーザン売って俺が水道を作ったんだ。
現代社会に毒されていない正しい判断が出来る。
俺の作ったコンピレーションを全て聴かせて、どれが好きか尋ねたら「赤いヤツ」だけが好きと言われた。
それはヒジョーにショックだったよ。
38年間もやってるのに「赤いヤツ」だけとは。
確かにファンクでやったらオッサンばっかりなのにロッキンでやったら若い女の子が集まるしな。
もうウンチクなしで楽しめたほうがいいわ。
嫁ちゃんはヒップホップやテクノはキライなんでセンスは、あると思う。
俺はジョンマンシップの値付け前の50年代のレコードがある倉庫へ嫁ちゃんを連れて行った。
そして選んでもらった。
1日16時間、6日間で嫁ちゃんは240枚の7インチを選んだ。
スゲェなぁ。ちょっとビックリしたよ。
嫁ちゃんはシャロン・ジョーンズ,ポール・ウェラー級のイイ仲間だ。
みんなに受け入れられてさ。
嫁ちゃんは何を基準で選んでんのか解らないけど、イーベイとかでレコード買ってるよ。
ネットの情報とかに頼らないでね。
俺なんかは時代背景やらとかも考えちゃうけど。
もう直感でイイじゃん。
俺の意見に同意できないならアナタは考えすぎのオタクです。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/1359-9e1d5f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031