Home > 音楽 >WANDA JACKSON / YOU KNOW I`M NO GOOD B/W SHAKIN`ALL OVER(THIRD MAN)

2010-12-17 Fri 00:01

WANDA JACKSON / YOU KNOW I`M NO GOOD B/W SHAKIN`ALL OVER(THIRD MAN)

2010年4月1日木曜日.俺はこの日の夜に起こった事は一生涯忘れる事は無いだろう。
この日,俺は札幌から東京に一泊二日の研修のための出張に出向いていた。仕事だし行儀よく真面目にやらなきゃならない。平日なんで東京の友達を食事なんかに誘うのは気が引けるが何も言わないのも気持ちが悪い。水くさ~~と言われはしないか?ミクシィの日記に東京に居るけども、俺の事が好きで好きでしょうがなく辛抱たまらない!という人に限って連絡をちょうだいと書いた。
するとTHEEE BATのカブからモノレールに乗車中にメールがブルルルルと入る。今夜、シーナの自伝「ユーメイ・ドリーム」の出版記念パーティでTHE 5.6.7.8S{以下ゴロッパチ}が演奏するから行かないか?と。
カブにれて俺の事が好きで好きでしょうがなく辛抱たまらないと思われている事と、熱烈にリスペクトしている鮎川シーナ夫妻のパーティーに世界一大好きなバンドが演奏する!目頭が熱い。テンションが上がった~~~~~~!!。その日、最初の絶頂をむかえたのは言うまでも無い。言うまでもないのですが、一応書いておきまする。
「今夜行くっきゃNIGHT!!行かないなんて、とんでも騎士!!」どうやら本日、行儀よく真面目にやるなんて事は無理みたいだ。 そんなのクソクラエだ!!
上の空(俺の空ではない。)のうちにが研修が終わりカブとミカと会場の駅ちかくのハンバーガーショップで待ち合わせた。
後から解った事だが、ソコは解り易さよりも二人が可能な限り歩かなくてもいいのを優先した場所だったようだ。
カブの愛情が疑わしい。腹が立つ。
会場に着くと鮎川さんが「よく来たね。」と手を振ってくれた。目頭が熱い。本日二回目の絶頂だ。
昼間に「今夜行くからね!」とロニーにメールしてたが見なかったみたいで、結果的にサプライズになってしまい必要以上にキャーキャーと歓迎を受けた。
会うのは久しぶりなんで興奮して話しこむ。会えばロックの話ばかりだけど昔と変ったのはロックの話にロニーの愛娘ロッコちゃんの成長の報告が加わった事。喜ばしいです。人間だもの。(ロックとロッコの話。)
鮎川シーナ夫妻のトークショーは素晴らしい体験談やロックへの熱い想いが伝わる言葉の数々にヒジョーに感銘を受けた。嬉しくて泣きだしたいくらいだった。知り合いもいるしカッコつけて目を食いしばって我慢した。
感動をココで伝えるのには一字一句、全てを書き出さなければならないので割愛します。

ロニーがライブで鮎川シーナ夫妻とジャック・ホワイトとセッションするからお楽しみに!と言いなさる。
??????ホワイト・ストライプスの?(ストーンズのシャイン・ライトに出てたよね。)それと同時に、長引いたら明日も研修だから帰るの遅くなってヤバイかな。。。とも思った。弱気!!
ロニーが言うには、リハーサルにくる途中にホワイト・ストライプスと道で出くわして、アタシ達のライブが有るから来ない?って誘ったら来るって。
タマ(妻)にメールで「ジャック・ホワイトが来るぞお~~~!!」とメールしても「嘘や。証拠を示せ。」との返信。
まぁ。。。。無理もない。信じられんだろうね。俺だって信じられない。
ジャック・ホワイトの近況はメンフィスにスタジオを建ててロカビリーの女王ワンダ・ジャクソンのプロデュースをしてシェイキン・オール・オーバーを録音してソレがメチャンコいいだよお!!と聞いた。凄い面白い事なさるね。
それは絶対に手に入れなきゃならん。
ワンダの近作「ハート・トラブル」(2003年発表CMH Records)はお気に入りアルバムだ。
クランプスなんかが参加しててジジイをバックにババァがカントリーを歌うアルバムではなかった。
かっこいいロックンロール・アルバムで何度も聴いたよ。だからニューレコーディングに全く疑いようなく聴きたかった。
ワンダの歌声は娘時代から変わらない。酒もタバコもやらないんだろう。
それだけでワンダの人格が伝わってきますな。ちょっと付き合いにくそうだがアルバムとはずっと付き合える。
人間が地に立つには二本の足だけでは立てません。そこに立つという意思が無ければ。ワンダにはロッキンしちゃうぞという意思がある。
ババァでもロッキンする意思があればロックンロールは立つのだ!!世界一のババァだ!!
鮎川シーナ夫妻のサービス精神満点のDJプレイの後、ゴロッパチのキラーなライブ!!(シーナがハンキーパンキーのボーカルをとる。)ジャム・セッションは絶頂カウンターが0に戻るくらい最高だった!!ジャム・セッションは鮎川さん、ジャック・ホワイトがギター、シーナが歌うからロニーのパートはブルースハープ。
俺はロニーをロックの偉人であり大物だと思ってるんだけど、この時ばかりは「真面目な見習い」に見えた。
スージーQを100時間くらいやったかな?時間を忘れて隣の人に誉められる位、ポゴった。終了後、ロニーの緊張が抜け安堵の波に身をまかせている姿。やり切った満足の余韻を味わう顔を見ながら明日なんかこなきゃいい。。。。
そうつぶやいた夜でした。
でも!!!終電を逃したら俺の宿泊先のホテルにカブとミカが来そうだったんでソコの部分では時間を思い出した。
愛情を疑ってたんで泊めるわけにはいかない。早く地下鉄行け!!行け!!と急がせ終電に間に合わせたんだぞ。
研修を終え札幌に戻りスグにワンダのシングルを買おうと探したんですが残念ながら流通が悪く入手したのは半年後の11月。
お手上げ状態だったんでTEENAGE BABYLON BBSにYOU TUBE音源を貼り付けてWNATしたらDJケンが気に入って海外から取り寄せてくれました。言ってみるもんです。
結果的に在庫1枚のみで俺しか入手できなかったんだけどケンの好意に甘えた。
ケンから受け取った時に千歳のPOISON IVYのパーティでDJしてたんでイケてる確信が有ったんでマワしてみた。
当然、キマッたよ!!多分、男も女もみんな同時に絶頂をむかえてたんじゃないかな?

もちブースで俺は俺でキキキキキーッ!!ボカーン!!と絶頂をむかえてたよ。
♪「シェキロル~~オ~~バア~~~~!!」ドシャーーン!!♪ 最高!!!!
PS A面はR&B歌謡の趣でこちらもイイ感じ。

511B1c14fqL.jpg


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/15-45d8e611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031