Home > 音楽 >THE JAMES COTTON BLUES BAND/ FEELIN' GOOD (VERVE)67

2017-04-02 Sun 16:02

THE JAMES COTTON BLUES BAND/ FEELIN' GOOD (VERVE)67

!!!!!!0000aaaaactm.jpg



3月31日に「エンジェル・ベイビー」のロジーが天に召された。
FEELIN'SAD。
エノさんに(俺の格好を見て)アメリカのレコード屋にはカズみたいなのが沢山、居るよと言われた。
ニット帽にネルのシャツ着てレコードばっかり買ってる人間にとっては今後、不意に悲報が訪れる事が多いんじゃないだろうか。
身近な友達の死を経験して最近、自分の情緒の調子が少し、おかしい気がする。
自分で自分をほっておくしかないんだが。
チャックの訃報でブッ飛んでしまったけどジェイムス・コットンの訃報(3月16日)も充分すぎる程、残念だった。
GOOD TIMESのDJパーティ「ユー・メイ・ドリーム」で「ホールド・ミー・イン・ユア・アームス」(SUN)(もちリプロですよ)を人知れずスピンして故人を偲んだ。
ヤフオクで「鮎川誠」で検索したら出てきた「ブギー・シング」の7インチを購入したのが出会い。
マディのMOJOでハープを吹いている人でリトル・ウォルターの後任ハーピストだ。
ウォルターは性格が悪くコットンがハープの教えを請うと背を向けて吹き「こんな感じです」と言い放ったという。
この7インチはSUNのジュニア・パーカーのキラー・カバー。
裏は、ちゃんとハープを教えてくれたサニー・ボーイの「ドント・スタート・ミートーキン」。
うまく吹けないと落ち込むコットンににサニー・ボーイはウォルターのLIVEに乱入しウォルターが逃げ出すまで吹きまくった。
そしてコットンの前に立ち「二度と自分を疑うんじゃないぞ」と声を掛けたという。
ブルースの逸話には嘘が多いらしいが、この話は疑いたくないです。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/1533-9bc3804b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

05 «
2017.06
» 07


123456789101112131415161718192021222324252627282930