Home > 音楽 >THEEE BAT /OFFICIAL THEEE BAT CLUB

2017-09-15 Fri 22:55

THEEE BAT /OFFICIAL THEEE BAT CLUB

2017年11月08日  DROP OUT!!

!!!!00000aaaaaaaateeeebat1.jpg

プリミティヴ・ティーンネイジ・ロッキン!
クレイジー!
フランティック!100%サイコティック・リアクション!
ミッド2000S・ワイルド・パンカーズ!!
THEEE BAT(バット)のファースト・アルバムにしてラスト・アルバムがRadio Ungergroundよりドロップ。
スコットランドヤード・ヘルメットに黒いマントを身にまとい、如何なものかな態度でガレージ・パンク・ヴィールスを撒き散らす!!
全世界のガレージ・パンク・ファン絶対の必携盤の登場です。

当人の記憶は曖昧だが2006年春あたりに結成。
2017年3月にミカ・バット(ギター/リード・ヴォーカル)の急逝によりバンドのヒストリーは幕を閉じる事となった。
元々はミカがやっていたガールズ・バンド「フランチックス」にカブ・シャープが脱退したベースのヘルプに入った事がバット誕生のキッカケだ。

本CDをPLAYしてもらえば解る通り60Sパンク、バイカー・ロック、リズム&ブルースを爆発的に演奏している。
サンフランシスコのマミーズが大好きでビリー・チャイルデッシュからの影響とリスペクトは隠したくても隠し切れない。
THEEE BATをスリー・バットと読んでしまいがちだが3文字目が「R」じゃない。
ビリー・チャイルデッシュがやってたバンドのTHEの表記はEが一ツ多かったのでバットは、もう一ツおまけに足したというのが真相だろう。
バットはスワンプ・フィクション、モンスター・マッシユ、スクージ、ダーティ・アグリー等の海外レーベルから7インチをリリース。
ガレージ・パンクの総本山クリプト・レーベルがバットのレコードを取り扱うという名誉を獲得している。
海外ツアーも行っており中でもスペインの聴衆の評価は高くバットは「ファンタスティック・ドラキュラ・カーニバル」に2回目の出演依頼が有った数少ないバンドだ。
本盤の録音およびミックスはTRACK1-17はアトミック・スープレックスのフロント・マンであるスチュアートが担当。
TRACK18-20はヤング・パリジャンのケイジ・ロンソンが担当した。
TRACK20はコンピレーション「I DON’T LIKE SEX」収録テイクと同じ音源だが新たにミックスし直されている。
実際にはスタジオ録音だがバットの命であるLIVEをそのまま真空パックした様な音塊だ。
LIVEの文字通りミカ・バットは、このCDの中で(LIVE)生きている。
長い間、LIVEのキックオフ・ナンバーだった「BATMAN」MVも製作された代表作「I FEEL GOOD」「監獄ロック」。
最後のオリジナル・ナンバーとなった「THE JOCK」等、バットのヒストリー全てを収録!! 
KAZZMAN

予約はコチラ→THEEE BAT /OFFICIAL THEEE BAT CLUB



スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/1589-85c0b377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

05 «
2018.06
» 07


123456789101112131415161718192021222324252627282930