Home > 音楽 >TOMMY LA BEEF $ TORE UP/ LONELY (WAYSIDE)

2011-05-30 Mon 20:00

TOMMY LA BEEF $ TORE UP/ LONELY (WAYSIDE)

110530_193212.jpg

土曜日のストラッテンのPLAY  LISTから1曲。
このシングルは桃から頂きました。
顔を見るたびに「ちょうだい。」と憎たらしくない感じで言い続けてたら俺の誕生日にクレました。
シツケの厳しいママみたいだ。普通にくれりゃあイイのに。
貰っておいて、その言い草はナイな。ナイな。
しかし、貰った時は嬉しかった。いい子にしてて良かったと思ったよ。
「TOMMY LA BEEF」の正体はアーカンソー州ソマック出身のロカビリー歌手「SLEEPY La BEEF」。
1963年に、変名(?)でリリースしたシングル。
(レーベルとの契約問題でクレジットの名義問題は、よくある話し。)
ロカビリーというより、オモイッキリ粗いBLACK R&R。
バックもヴォーカルも全てギザギザ!!コレで騰がらないならマズいな。
具体的に、どうマズい何も言えないですけど。
でも、コレだけはシャキッと言える。
かっこいい。最高だ。
TEENAGE BABYLONの最後のMIX-CD VOL39(THANK YOU!!)に収録した。
(TEENAGE BABYLONで、あまりスピンされてないがクレてありがとうと思って。)
Hank Ballard & The Midnighters(1954年)/Harmonica Fats(1961年)のカバーだけどソッチはストロールでコッチはジャイバー。
俺みたく、あまりステップを気にしないタイプなら阿波踊りでも何でもイケる。
現在、SLEEPYは76歳。
死んでなけりゃ今夜もアメリカの、どこかの市町村で音楽をプレイしているはずだ。
現在も年間200本のステージをこなしている。

youngboystandbg.jpg

SLEEPY LA BEEFは幼少の頃、いじめられっこだったそうだ。
彼の音楽と人生をバカにした人間は一人残らず、この世にはおらず墓石の下で腐っているみたいだ。
そんなワケで現在はリスペクトの声しかあがらない。
人間ジュークボックス、ロード・ウォリァー、雄牛,等の愛称を持つ彼だが、芸名のSLEEPYは眠たそうに見えるタレ目からキている。



youngboybg.jpg



Guitar_Lover_by_sadinario87_20110530195955.jpg


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/243-c7a5d00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031