Home > 音楽 >JOHNNY BURNETTE $ ROCK BILLY BOOGIE/IF YOU WANT IT ENOUGH (CORAL)

2011-07-21 Thu 00:06

JOHNNY BURNETTE $ ROCK BILLY BOOGIE/IF YOU WANT IT ENOUGH (CORAL)

johnny-burnette-rock-billy-boogie.jpg

RnRTrio.png

梟と猫 × Gimme Some Lovin'! × BOOGIE SHACK presents KEB DARGE JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
LOST & FOUND SESSION (長い) の9月開催が決まり「梟と猫Blog」が復活しております。
詳細はソチラからどうぞ。
実は9月は日程が俺が出演している”STRUTTIN'”と丸カブリしておりまして今回は行けない!!!!!
”STRUTTIN'”にも違った魅力のスペゲが来るのでハシゴするとか。。。どっちかに決めてちょうだい。
詳細は整い次第、お知らせしますね。
まずは、かぶってない7月30日(土)の”STRUTTIN'”来てね!!
KEB来日の資料を見たらLOST & FOUND は入場制限になる位、盛り上がってるそうじゃないですか。。。。
”STRUTTIN'”だって、そうなるはずだよね。
だよね~!!!!(泣)
ヌードのセイジ君から頂いたLOST & FOUNDのオーデエンス録音テープで一番、盛り上がってたROCKABILLY45を紹介します。
JOHNNY BURNETTE の「 ROCK BILLY BOOGIE」(1956年)ダ。
ど真ん中!!直球!!
JOHNNY BURNETTE ROCKN'ROLL TRIOの活動期間は、1956年のたったの1年。
だからリリース・デイトは全て1956年という事になるので覚えやすい。
CORALからリリースされたアルバムはCRAMPSが諦める程のレア盤だ。
札幌に持っている人が居るが泥棒に狙われたら困るでは済まないんで名は伏せておこう。
伝説のバンドだったが今日では人気が有り過ぎて多くの事実が明るみになり伝説じゃなくなってる。
そんなワケで俺が敢て言う事もないがギタリストのポール・バリソンの名前はテストに出るんで覚えておこう。
ポール・バリソンは黒人酒場に通いバンドを観てリフを頭に焼き付けて覚えていたそうだ。
ハウリン・ウルフと意気投合しセッションの経験も有るという。
どこか普通の白人とは違い何かに憑りつかれていたのだろう。
ポール・バリソンのギターの「あの音」だが、ある日アンプにギターを繋ぎ音を出してみると酷い音が鳴った。
神経に触る汚い音。
アンプを開けて調べてみると中の真空管が緩んでいた。移動の時にアンプを手荒に扱ったのが原因だった。
ポール・バリソンは見て見ぬフリをし真空管をしめ直さず、アンプに居る悪魔が逃げない様に静かにアンプにフタをしたのだった。
これがFUZZの起源だ。


独ベア・ファミリーのCDのブックレットは分厚くて元に戻すのに大変だった思い出が有ります。

322365_1224199772_106large.jpg


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/289-18f9dcbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031