Home > 音楽 >THE LYRICS SO WHAT!! B/W THEY CAN`T HURT ME (ERA)

2010-12-10 Fri 21:40

THE LYRICS SO WHAT!! B/W THEY CAN`T HURT ME (ERA)

Lyrics - So What! ($685)

THE LYRICS SO WHAT!! B/W THEY CAN`T HURT ME (ERA)

最近、リリースされたペブルスVOL2収録のリリックスのソーワット!!(それがどした!!の意)のリプロ盤は音が鮮明てビビッた。今まで長年、聴いてきたペブルスの音が留守番電話の録音の様に感じてしまう位です。
とあるイベントでDJリトル・ティムが深夜3時過ぎに爆音でまわした時は身体にパワーが漲り今なら空だって飛べる気がした。威勢よいタテノリなR&Bパンク!!GO!!GO!!KILL!!ポゴってるうちに床に足がついてなかったりして?ブワッ!!!出来たどーー!!!(飛ぶのが)
それはヤッパリ気のせいで疲労困憊し明け方に重い足(それは現実の重さ!!)を引きずり空を飛ぶカラスを見上げながら帰宅した。
東京に「ソーワッツ!!」というクレイジーかつ陰気なバンドがいる。1度ステージを観たが素晴らしかった。内股DE前髪はまっすぐカット。100均で購入したと思われるタッパーで自作したファズを使ってた。
深くて底が見えないインクみたいな暗黒の巨大穴を見てるようだった。目の前真っ暗!!見えないのに凄い。むしろ見えないから凄い。極端な振り切れ具合だ。
それでも彼女がいるギターヴォーカルのソーリー君にバンド名の由来を尋ねたら予想通りリリックスから頂いたそう。
あと周りに下手くそと言われても「それがどした!!」という意味を含めたそうだ。
結成時から自分の未来が見えていたという事か。特殊能力を持つ人間。人々はそれをエスパーとかヒーローと呼ぶ!!!!!!シュ!!!!!現在はジ・アウツのタクヤが加入s更に凄くなってるとの事だ。
ナゲッツBOXの解説には「リリックスはありきたりのR&Bバンドで人気が無かったがゲイラードというストーンズかぶれのド派手なヤツがヴォーカリストとして加入したおかげで人気が出てソーワット!!録音してスグに脱退して人気が再度、無くなった。」という情報しか無い。
それで充分といえば充分な情報だが不足といえば不足だと思いリプロの発売を記念して趣味で調べる事にした。
検索をかけてみるとPINKなるウンコ・アーティストの同名曲のリリック(歌詞)ばかりがズラーーッとヒッかかる。
リリック(歌詞)に「SO」も「WHAT」も有り過ぎるくらい有り、俺は眉を八にした情報社会の迷子。困ったもんです。
歌詞をヒアリングしてみたら「アンタのオヤジのレーシングカーをスイミング・プールに沈めてやったぜお!!それがどした!!」という暴れハッチャケた部分が解読できた。(?)
そんな事をしたら「それがどした!!」ではすまされない。気絶するまでビンタは続くだろう。ビシッ!!はうわ!!ビタン!!はう!!ビシビシビシビシビシ!!!!!!!!面白い事を歌ってそうだ。
英語の心得のある妻(タマ)にヒアリングしてもらったら「あかん。汚い英語で聞きとられへん。」との事。
それじゃあ鮎川さんの監修で昔にリリースされたペブルスの日本独自のベストCD「ペブルスの真髄」に歌詞カードが付いていたはずだ。
これはロックのすごくいい聖書(バイブル)だと称されていて俺はそれを信じた。
お金が無い時にアナログで揃ってるからイッカ!と解説をコピーして友好的じゃないレコード店の厳しい査定で売ってしまった。
そのコピーをどの本かレコードに挟めたのか解らない。(後に星坊が持ってる事が判明し事なきを得たんだが。)
趣味の調査は暗礁に乗り上げていたがBANDとかGARAGEとか足して検索を続けた結果リリックスのMY SPACEを発見!!(もっと解りやすくした方がいいよっ!!)
フレンドの数がTOM合わせて6人(更に元メンバーと思われる赤ら顔の老人も含む)とゆうサムい状況だったがクドいくらいの長文の情報がありゲイラード脱退後の曲も30秒づつ試聴できた。
(何故もったいぶるのか理由が解りません。)
俺は面白半分、夢半分でアドレスが載っていたメンバーのダン・ガルシアに連絡をとる事にした。リードギターかベースの人みたい。
「前略。私は日本のリリックスのファンです。20年ほど前にペブルスでソーワット!!を聴きました。とても大好きです。私は日本でライターをしています。日本のファンにメッセージを頂けたら幸いです。かしこ。」
すると超暇だったのか即、返信が!!!!!
「こんにちはカズヒコサトー。僕らの活動の中でソーワット!!というナンバーをもてたのは小さいながら栄光です。ライターってどんな本や新聞に載るの?他に知りたい事はありますか?ダン・ガルシア」
話がキャッチボールになってるやんけ!!!!!俺はヤヴァいと思った。記事が載ったら送ってくれ言われコンビニでコピーしたのをホチキスで止めたSOFT,HELL!を送ったらどう思うだろう?凹ませはしないか。その前に何がライターなんだよ!!と150%の可能性で思うだろうな。
しかし10代の頃に聴いたペブルスに収録されたバンドとメールのやり取りをするとは夢にも思わなかったから返信には興奮した。というか夢だからこそ思わなかった。そんな夢見るワケない。
シンコーからでたガレージパンク(赤本)とソーワット!!のリプロ盤を持った自分の写真を添付し質問をこころみた。
「ミスター・ダン・ガルシア お返事に感激です。ソーワット!!の歌詞を教えてください。ソーワット!!はどのくらいの時間をかけてレコーディングされたのですか?あと当時に影響を受けたり好きな音楽は何だったのですか?かしこ。」
その後、6日ほど経過したが返信は無い。

SO WHAT!! 意訳 BY 俺

well
アンタの持ってる全てのモノが最高だと言うけれど
役立たずのモノばかり
アンタの家のスイミングプール、親父のレーシングカー、裏庭の核シェルター
全く役に立たないモノばかり
アンタの手の中にゃ何も無い
そんなアンタに一言言わせてもらおう
「SO WHAT!!」

アンタのお家は素敵なもんだ
1度ならずも2度までも観光ガイドよろしくご案内してくれたけれど
俺は手作りラグと家具は見逃さなかったぜ
アンタは電子タイプライターを手に入れた
だから外に出なくていいかもな
そんなアンタに一言言わせてもらおう
「SO WHAT!!」

KAZ
SPECIAL THANKS。。。ジミー益子さん

こちらにたぶん収録→The Essential Pebbles Collection, Vol. 1
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/4-7de81a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

07 «
2017.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031