Home > 音楽 >Jimmy Holiday $ The New Breed / Love Me One More Time(Diplomacy)

2013-06-27 Thu 22:05

Jimmy Holiday $ The New Breed / Love Me One More Time(Diplomacy)

768615_5618264_147large.jpg



NORTHERN SOUL,POPCORN もっと云えばGARAGE PUNKもか。
これはアーティスト側ではなく聴き手側がサウンドの傾向でカテゴライズした「ジャンル」だ。
ザックリとした物言いだけれど、そこに到達、また確立するまでには地域性やシーンで長きに渡って価値観を蓄積した大数の法則が100匹目のサル現象を起こしたと云える。


大数の法則とは
ある試行において事象が起きる確率(数学的確率、理論的確率などともいう)が p であり、その試行は、繰り返し行ったとしてもある回の試行が他の回の試行に影響を及ぼすことがない(独立試行)ものとする。このような前提条件の下で、その事象が起きる比率が試行回数を増やすにつれて近づく値(統計的確率あるいは経験的確率)は p である。つまり、各回の試行において各事象の起こる確率というものが、試行回数を重ねることで、各事象の出現回数によって捉えられるというのが大数の法則の主張するところである。

例えば「コイン投げ」、つまりゆがみも偏りもない"理想的なコイン"を投げて出る表裏を当てるゲームを行うとする。ここで、"理想的なコイン" とは「それを投げるとき、各回の試行において表が出る確率も裏が出る確率もともに 1/2 である」という確率モデルそのもののことである。このとき、コイン投げの試行回数を限りなく増やせば、表が出る回数と裏が出る回数の比率はどちらも 1/2 に近づく。実際にコイン投げをしたとき、(微視的に)一部分だけ見たときには出方が偏って見えることがあったとしても、全体として(巨視的に)見れば、試行結果というものは各事象の起きる確率によって支配されているのだ、ということもできる。

試行の回数を時刻と見たとき、時刻無限大の極限において時間平均が相平均に一致するという意味で、エルゴード理論の最も単純な数学的定式化(エルゴード定理)のうちのひとつであると言える。(ウィキペディアより引用)


100匹目のサル現象とは
英: Hundredth Monkey)は、ライアル・ワトソンが創作した疑似科学に分類される生物学の現象である。
宮崎県串間市の幸島に棲息する猿の一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取る猿の数が閾値(ワトソンは仮に100匹としている)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が見られるようになったという。このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という存在しない現象を指す。(ウィキペディアより引用)




そんなワケで俺は1匹目のサルになり新たな価値観(ジャンル)を構築する為に大数を積み上げていこうと思う。
前述の大数の法則と100匹目のサル現象の解説はちゃんと読んでくれましたか?
読まないと俺が言ってる事が何か解らないぞ。

テンションがメッチャ高い。いわゆるフルテンなSOULを俺は「どんソウル」と命名しコレをジャンルとして世界に拡げていきたい。
その1曲目としてアゲたいのがJimmy HolidayのLove Me One More Time(1965年)。
コレNORTHERN SOULですよって言う奴もいるかもしれないけどダブりは、そりゃ有るさ。



!0akazj1_20130627211928.jpg

HIDDEN CHARMS MIX-CD販売中。(500円)
ご入用の方はメールフォームからお問い合わせ下さい。
クレジットはカテゴリのMIX-CDをクリックして頂くとご覧になれます。
FRATHOP RECORDSでもお取り扱い中です。リンクからどうぞ⇒⇒


ーKAZZMAN DJスケジュールー

7月14日(SUN)尾形直人 バースディLIVE 16時半~20時半
7月14日(SUN)VINYL JUNKY 21時~5時
7月20日 (SAT) STRUTTIN'
7月29日(MON) KAZZJANIGHT!
8月 3日 (SAT)HIDDEN CHARMS
9月 21日 (SAT) STRUTTIN'
10月 5日 (SAT)HIDDEN CHARMS
11月 16日 (SAT) 2013 COME BACK TEENAGE BABYLON
11月 23日 (SAT) STRUTTIN'
12月 7日 (SAT)HIDDEN CHARMS
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/898-9c11a973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031