Home > 音楽 >THE HOLLIES $ STAY/NOW'S THE TIME (PARLOPHNE)

2011-02-02 Wed 17:12

THE HOLLIES $ STAY/NOW'S THE TIME (PARLOPHNE)

the-hollies-stay-parlophone.jpg

先日からクドくお伝えしている通りバディ・ホリーのファンは動物好きの優しい人間が多い。
バンド名に率直にファンで有る事を反映させたバンドも存在するのだ。
1番、有名なのはビートルズ(カブトムシズ)。クリケッツ(コオロギズ)の様に昆虫の名前にしたとの事だ。
昔に見たバディ・ホリーの字幕無しのドキュメンタリー映画では大半がポール・マッカートニー(優しくて動物好き)の語りで構成されており見終えた感想は「何を言ってんのか終始、解らなかった。」
もう1ツが名前そのマンマな英国の「ホリーズ」。ストラマーズやヴィンセンツと外見を比べるとかなり違います。
残念ながら動物と戯れるホリーズの画像は探す事は出来なかったが見るからに動物好きで優しそうだ。
優しく見えてしまう事が「悩み」という位、優しく見える。
都会の汚れた空気をありがたがって吸っている女性には物足りないと言われそう。
優しくて動物好きの何が悪いというのか?言えるものなら言ってミロ!!

167150_1_f.jpg
Stay With the Hollies / In the Hollies Style

ガレージパンク愛好家として評判が下がりそうだがホリーズの1STアルバムは俺のお気に入りだ。
みんな好きなはず。
いつもより1時間寝てないとか蚊に刺されて痒いとか体調に少しでも異変が有ると成立しなさそうな元気印花マルなビート・ポップス。
R&Bのカバーが大半をしめるがオリジナル・バージョンからここまで毒を抜けるのも珍しい。
中でもファンタスティックなのは韓流映画「ボクの彼女を紹介します」挿入歌(1960年 全米チャート 1位)MAURICE WILLIAMS& THE ZODIACSのSTAYのカバー。
余談ですがボクカノの内容を全く思い出せない。(泣)(泣く必要無いか!!)

MauriceStayFrontSmall.jpg

この曲はキンクスのALL DAY~のヴァージョンもあるブリトニーがステイに合わせて踊るという意味不明なドリンクのCMに使用されました。
ブリトニーさんは、この頃はキラめいてますなあ。若いな。若いな。若いな。若いな。若いな。若いねー!!!
このドリンクも、この頃のブリトニーも今はもう居ない。ドリンクは売ってるの見た事無いしブリトニーは丸坊主にしたよね。何が悲しかったんでしょうか。
変らずにキラキラと耀いているのはホリーズのステイだけですか。
ロックが持つ輝きは無限永遠なのだが若さに頼る美貌は有限なのだ。
最近、宇宙でさえも有限という事が証明されたらしいから永遠はロックンロールだけですわ。





スポンサーサイト

Comment

ホリーズが動物と戯れてる映像あります。
なのできっといい人。

嘘つきだした!!
探したけど無かったどう。
ちなみにストーンズも無かった。

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://junglehop.blog129.fc2.com/tb.php/98-a43a9211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031